SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【全日本2歳優駿】過去10年データから全日本2歳優駿で勝つ馬をあぶり出す!!

Text:あもあもだいち

データ的には⑨アイスジャイアントが勝ちに一番近い存在!?

先週日曜日には、2歳女王にサークルオブライフが輝いた。

今週の日曜日には、朝日フューチュリティSが開催され、新たな2歳王者が誕生する。

しかし、その前の12月15日に川崎競馬場で2歳ダートチャンピオンを決める「全日本2歳優駿」が開催されるため、ダート王者が誕生する。

過去には、先日亡くなった元祖二刀流のアグネスデジタル、地方の雄・フリオーソ、3歳時にチャンピオンズCを勝ったルヴァンスレーヴなどを輩出した出世レース。

全国から14頭が出走を予定しているが、今年はどの馬が勝つのか!?

そこで、ここでは過去データから勝ち馬を導き出していこう!!

全日本2歳優駿では、過去10年で牝馬が2勝している

これはチャンピオンズCよりも多くの勝ち馬を輩出しているが、それでも牝馬にとって厳しいレースと言わざるを得ない。

そのため、牝馬唯一の出走となる⑧カイカノキセキには不利なデータとなる。

過去10年の枠順データだと4枠だけが勝ち馬を輩出していない

そのため4枠に入った⑤コンバスチョンと⑥ナインバイパーは勝つには厳しいか!?

過去10年、前走レースは現・JBC2歳優駿(前・北海道2歳優駿)組が3勝、その他組は1勝ずつと他を圧倒している。

これは距離が関係していると思われる。全日本2歳優駿は1600mで開催されるが、JBC2歳優駿は1800mと距離が長く、前走で短い距離を使うよりも結果を残している。

そのデータは、前走に1600m以上使った馬が7勝。前走1400m以下の勝ち馬が3頭と、やはり同距離以上を走ってきた方が有利なデータとなっている。

この過去データからは③ナッジ、④ノブレスノア、⑥ナインバイパー、⑨アイスジャイアント、⑫マリンスカイ、⑬ラインスカイが残る。

その中でJBC2歳優駿組にさらに絞ると、③ナッジと⑨アイスジャイアントの2頭だけ残る。

最後に前走着順、過去10年では全て前走を勝った馬しか全日本2歳優駿を制覇していない

このデータからは8頭が該当する。しかし前述のデータと擦り合わせると⑨アイスジャイアントだけが残ることに。

果たして、データが導き出した通り⑨アイスジャイアントが勝つのか!?

発走は、12月15日の川崎競馬場の第11R/20:10発走予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内