SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

暮れの大一番【有馬記念GⅠ】で「死の馬番」に入ってしまった不幸な1頭とは!?

Text:あもあもだいち

有馬記念の勝ち馬候補はどの馬か!? 過去10年のデータから炙り出せ!!

いよいよ暮れの大一番「有馬記念GⅠ」が開催される。

過去にオグリキャップやトウカイテイオーの復活勝利など沢山のドラマを生み出して来たグランプリレース。

16頭が勢揃いした今年はどんなドラマが生まれ、どの馬が勝つのか?

過去10年のデータから勝ち馬を炙り出していく!!

 

1,前走着順

錚々たるメンバーが集まる有馬記念。

前走着順が掲示板外から巻き返した馬はおらず、前走4着以内に入った馬からしか勝ち馬が出ていない。

その中でもやはり1着だった馬が5勝とトップの成績を残している。

次に3着と4着だった馬がそれぞれ2勝を挙げ、残りは2着だった馬が1勝となっている。

そのため前走レースで勝った馬を頭に据えて方がいいだろう。

 

2,馬齢別

馬齢別ではトップが3歳馬と5歳馬の4勝で、残りが4歳馬の2勝となっている。

6歳馬以降のベテラン馬には厳しく過去10年で3着に1回しか入っていないほどである。

また3歳馬と5歳馬は勝ち数で並んでいるが、勝率では5歳馬が6.9%、3歳馬が16.7%と3歳馬が圧倒的に高いため、狙うなら5歳馬より3歳馬をオススメする。

 

3,前走距離別

前走より距離延長した馬がトップの6勝、次いで距離短縮組が3勝、残りは同距離組1勝となっている。

ただし、勝率で見てみると同距離組がトップとなり16.7%、次いで短縮組が14.3%、そして残りが延長組で4.5%となる。

そのため勝ち数のトップ延長組より、勝率で二桁数値を出している同距離と短縮組を狙うべきであろう。

 

4,枠番・馬番

有馬記念と言えば外枠不利と言われるように、データでも唯一勝ち馬を出していないのが8枠となっている。

では「内枠が有利」と単純に決めつけられるかと言えばそうではない。

なぜなら1枠と2枠はそれぞれ1勝しか挙げられていないからである。

実は3,4,5枠の中枠の成績が良くそれぞれ2勝を挙げている。

そして枠番からさらに細かく馬番で見てみると有馬記念でも現れた3着以内に入った事のない「死の馬番」の存在!

その馬番とは、やはり大外の16番であった。この16番に入ってしまったのが阪神大賞典2連勝を達成したステイヤーの⑯ディープボンド!

その逆に馬番別で最多の2勝を挙げているのが6番である。

ここに入ったのがジャパンカップを勝った⑥ヴェラアズール!! GⅠ連勝の現実味が増して来た!!

 

以上の4つのデータをおさらいしよう。

前走を勝ち、3歳馬or5歳馬で、距離短縮組or同距離組で3,4,5枠に入った馬が勝ち馬候補となるのだが、この4つのデータ全てに該当する馬はいなかった。

1項目だけ目をつぶるとすると、前走距離だけが合わなかった⑥ヴェラアズールと⑨イクイノックス、前走着順だけが合わなかった⑩ジャスティンパレスの3頭が準該当馬として勝ち馬候補として挙がって来た!!

 

果たしてデータからの3頭の中から勝ち馬が現れるのか?

それともデータを打破する馬が現れるのか!?

発走は12月25日の中山競馬場11レース、15時25分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内