SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【アルゼンチン共和国杯】目黒記念と同コース同距離でも全く異なるディープ産駒の成績データとは!?

Text:あもあもだいち

軽ハンデ馬の好走率も全く違う傾向

  日曜日は阪神競馬場でダートのみやこS。東京競馬場ではアルゼンチン共和国杯と、ダートと芝中距離の古馬戦線の今後を占う重要なレースが開催される。

さらに海外では、日本馬多数出走するブリーダーズカップが早朝に控えているという、競馬ファンにとっては楽しみな日曜日である。

ここでは、アルゼンチン共和国杯についてお話しよう。

このアルゼンチン共和国杯は、春にある目黒記念と同コース同距離で行われるが、全く異なるレースと言っても過言ではない。

その違いが顕著に表れている部分が、ディープ産駒の成績。

目黒記念では過去10年で1勝を挙げ、3着以内の好走も多く、特にここ5年はディープの活躍が増えている。

一方、アルゼンチン共和国杯でディープインパクト産駒にとって、かなり不利なデータが揃う。

過去10年のデータから、勝った馬が1頭もいないばかりか、3着以内に入ったのですら、たった1頭しか存在しないディープ産駒にとっては厳しいレースである。

今年も15頭中5頭がディープ産駒の出走となるが、かなり厳しいと見た方がいいだろう。

また同じハンデ戦にも関わらず、目黒記念では54㎏以下の馬9頭が3着以内で好走しているが、アルゼンチン共和国杯では5頭と、ハンデでも両レースの違いが分かるデータとなっている。

今年は5頭が54㎏以下での出走予定となっているが積極的には買いずらい。

そこで、今年は共に55kgのスクリーンヒーロー産駒:⑤フライライクバードと、ルーラーシップ産駒:⑮アンティシペイトの単勝を狙っていきたい。

スクリーンヒーロー産駒、ルーラーシップ産駒ともにアルゼンチン共和国杯で勝ち馬を輩出しており、ともに条件戦を勝って勢いに乗る2頭である。

果たして、今年もディープ産駒に出番はないのか?

発走は11月7日、東京競馬場:第11レース・15時35分予定。