SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

全ホースマンの夢!!【日本ダービー】で死の馬番に入ってしまった超有力馬とは!?

Text:あもあもだいち

皐月賞馬⑮ジオグリフの2冠を阻止する魔の手とは!?

いよいよホースマンの夢「日本ダービー(東京優駿)」が開催される。

特に今年は大混戦の模様を呈しており、どれを本命にすればいのか迷ってしまう。

そこで、過去10年のデータから勝ち馬を炙り出してく!!

 

1,前走着順

前走1着だった馬が4勝でトップの成績を挙げ、それ以外は全て一桁着順だった馬が勝っている。

その逆で、前走で二桁着順だった馬の勝ちはないため1着から消しとする。

対象馬:④マテンロウレオ、⑧ビーアストニッシド、⑭デシエルト、⑯キラーアビリティ

 

2,前走レース

前走で皐月賞を使った馬が7勝、京都新聞杯が2勝、毎日杯が1勝を挙げている。

青葉賞やプリンシパルなどのトライアル組からの勝ちはなく、またNHKマイル組は3着以内すら入っていないので、今年も1着からは消しとする。

対象馬:②セイウンハーデス、⑥プラダリア、⑩マテンロウオリオン、⑰ロードレゼル

 

3,種牡馬

過去10年では、ディープインパクト産駒が7勝と圧倒している。

それ以外で勝った種牡馬も前年の種牡馬リーディングで5位以内に入っている。そのため6位以下の種牡馬は消しとする。

対象馬:②セイウンハーデス、⑤ピースオブエイト、⑦オニャンコポン、⑧ビーアストニッシド、⑩マテンロウオリオン、⑪ジャスティンロック、⑭デシエルト、⑮ジオグリフ、⑱イクノイックス

 

4,母父

過去10年で母父が内国産馬の勝ちは、2018年の母父・キングカメハメハだったワグネリアンしかいない。

ただしキングカメハメハも持ち込み馬のため、母父が純粋な内国産馬の勝ちはなく、今年も母父が内国産馬は消しとする。

対象馬:①アスクワイルドモア、②セイウンハーデス、⑦オニャンコポン、⑧ビーアストニッシド、⑪ジャスティンロック、⑱イクノイックス

 

5,枠番、馬番

枠番では1枠が3勝を挙げている。

勝っていない枠は4枠のみだが、その4枠も2着2回、3着1回。枠番別での不利はないとみていい。

ただし、これを馬番で見てみると3着以内にすら入ったことのない死の馬番が存在する。それはジオグリフとキラーアビリティの馬番⑮と⑯である。

奇しくも皐月賞馬とホープフルS馬という有力馬2頭にとって厳しいデータとなった。

 

以上から、勝ち馬候補として残った馬は、

③アスクビクターモア

⑨ジャスティンパレス

⑫ダノンベルーガ

⑬ドウデュース

以上の4頭!!

単勝4点買いでも資金配分をしっかりすれば確実に利益が出そうだ。

 

果たしてデータ通り、この4頭からダービー馬が誕生するのか?

発走は、5月29日の東京競馬場11レース、15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内