SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【エプソムカップ】&【函館スプリントS】に存在する死の馬番とは!?

Text:あもあもだいち

「この馬番は買うべからず!!」今週末開催の重賞で買ってはいけない馬とは!?

いよいよ夏競馬シーズンとなる函館開催が始まる季節となってきた中央競馬。

今週末は東京で「エプソムカップ(GⅢ)」。函館で「函館スプリントS(GⅢ)」が開催される。

この2つの重賞で過去10年のデータから、絶対買ってはいけない死の馬番を紹介しよう!!

 

「エプソムカップ」

死の馬番の前にエプソムカップ傾向を振り返ってみると

1,前走から距離短縮組は1勝しか挙げていない。

2,前走6着以下からの馬が5勝を挙げている。リベンジしてくる馬が多い。

3,条件クラスから昇格組の勝ち馬はいない。

4,4歳馬が圧倒の6勝を挙げている。

5,牡馬が9勝しているが、そもそも牝馬の出走が少ないだけ。勝率では牡馬5.9%、牝馬9.1%と出走してくれば牝馬は恐い存在となっている。

そして、8番と11番が3着内0回の死の馬番となっている。

逆に天使の馬番は6番。3勝も挙げている。

という訳で、⑧ガロアクリークと⑪ジャスティンカフェは買うべからず。

 

「函館スプリントS」

函館スプリントSの傾向は!?

1,前走GⅡかGⅠを走った馬が7勝を挙げている。

2,前走1400m組が4勝、1600m組が2勝の距離短縮組が有利。

3,前走1着だった馬が3勝を挙げているが、それを上回る成績を残しているのが10着以下だった馬の4勝。前走二桁着順は好走サインとなっている。

4,5歳が4勝とトップの成績だが、勝率では10.5%の3歳馬がトップ。3歳馬は軽視すると痛い目に遭う。

5,関西馬が7勝で、勝率、連対率、複勝率ともに関東馬に勝っている。

死の馬番は12番と15番が3着内0回。よって、⑫ファーストフォリオと⑮ダイメイフジは買うべからず。

逆に内の、1番、2番、3番と、中の8番、9番、10番から勝ち馬が出ているうえ、連対率、複勝率も高いため、この馬番6つに上記5項目に該当する馬は、気をつけるべし。

①プルパレイは全てに当てはまる絶好の狙い馬だ。

 

果たして死の馬番を脱出する馬は現れるのか!?

発走はともに6月12日(日)。

エプソムカップが東京競馬場11R:15時45分発走予定。

函館スプリントSがその20分前、函館競馬場11R:15時25分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内