SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【フェアリーS】3つのデータから勝ち馬を導き出せ!!

Text:あもあもだいち

関西馬にとって鬼門のレース!?

今週のJRA開催は3日間あり、最後の3日目に中山競馬場で3歳牝馬限定の「フェアリーステークス(GⅢ)」が開催される。

過去の勝ち馬ではプリモシーンのように重賞タイトルを幾つも獲る馬や、勝てなかったが2着と好走したアエロリットがGⅠ馬になるなど、3歳牝馬にとっては重要なレースである。

そこで、過去10年のデータからどの馬が勝ちに近いのかを導き出してみよう!!

①関東馬vs関西馬は!?

まず特筆すべきことは、過去10年では関東馬しか勝っていないということだ。やはりこの時期の輸送は3歳牝馬にとって過酷なもので、輸送距離が少ない関東馬有利となる。

そうなると、①エバーシャドネー、⑩スプリットザシー、⑬ヴァンルーラー、⑮テーオーシャルマンの4頭が消えることに。

②前走距離別

前走でどの距離を走っていたかだが、これも同距離(1600m)が9勝と他を圧倒しており、残りの1勝は距離延長組。距離短縮組は消しでも構わないデータとなっている。

今回出走する馬で距離短縮組は、⑦ブルトンクール、⑧ライラック、⑭ポケットシンデレラが消えることに。また距離延長組も1勝しかしておらず、⑤スクルトゥーラ、⑪ウラカワノキセキ、⑫ユキヤナギ、⑮テーオーシャルマンも厳しいと言わざるを得ない。

③キャリア別成績

キャリア2戦組が4勝と筆頭で、次いで1戦組と7戦組の2勝、最後に3戦組と5戦組の1勝となっている。

ここでは、⑩スプリットザシー、⑪ウラカワノキセキ、⑮テーオーシャルマン、⑯フィールシンパシー、ライラックが2戦組となっている。

以上のデータから、関東馬で前走1600mを走ったキャリは2戦の馬は1頭のみとなった。

それは、田辺騎手騎乗の⑯フィールシンパシーである。

果たして、データ通り⑯フィールシンパシーは勝てるのか!?

発走は1月10日、中山競馬場11R/15時35分予定。