SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【阪神JF】過去10年のデータから混戦必死の阪神JFを制する馬をあぶり出す!!

Text:あもあもだいち

キャリア1戦でも侮れない馬とは!?

12月12日に阪神競馬場で開催される2歳最初のGⅠレース。

阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)。昨年はソダシが勝って大いに盛り上がったレースである。

今年も2歳女王を目指し、18頭が出走を予定している。

そこで、一番初めに女王の椅子に座る馬をデータから導き出してみよう。

・過去10年で、8頭の勝ち馬が前走2番人気以内であり、前走勝ったとしても人気を集めることが出来ていなければ、それを覆して阪神JFで勝つのは難しい。

この項目では①ナムラクレア、⑥タナザウィング、⑧ステルナティーア、⑬ウォーターナビレラ、⑯ベルクレスタの5頭が残る。

・過去10年3着以内の馬で、前走で3着以内に入れなかった馬が好走したのは2頭しかおらず、前走で3着以内に入らないと巻き返しが難しい。

今年は③ヒノクニと⑫アネゴハダの2頭のみが3着以内には入れていない。

・過去10年の阪神芝1600mの種牡馬勝率では、1位エピファネイア、2位ディープインパクト、3位ハーツクライ、4位キズナ、5位クロフネとなっている。

該当馬はハーツクライ産駒の⑤スタンティスティクス、エピファネイア産駒の⑥タナザウィング、⑦サークルオブライフ、キズナ産駒の⑫アネゴハダ、ディープインパクト産駒の⑱パーソナルハイとなる。

・過去10年で、勝った馬のキャリアは3戦以内のみ。

この項目では4戦以上している馬は①ナムラクレア、③ヒノクニ、④トーホーラビアン、⑱パーソナルハイが消える。

以上から、勝ち馬は前述で多く名前の挙がった1戦1勝馬の⑥タナザウィングを推したい。

注目の阪神JFの発走は12月12日、阪神競馬場11R:15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内