SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

勝てばクラシック候補直結の【札幌2歳S】で死の馬番に入ってしまった馬とは!?

Text:あもあもだいち

5つのデータから未来のクラシック候補を炙り出す! データにハマる馬はどれだ!?

いよいよ今週で夏競馬も最後となる。

その最終週に小倉と札幌で2歳の重要なレースが土日に開催される。

 

そこで、ここでは過去10年のデータから「札幌2歳S」について勝ち馬を炙り出し行く!!

 

1,キャリア

キャリア1戦組が6勝、2戦組3勝、3戦組が1勝、4戦以降の組からは勝ち馬が現れていない。

つまり、キャリアを重ねれば重ねるほど勝ち馬が少なくなっている。

ここは、思い切って3戦組以降からは、勝ち馬候補としては切るとしよう!!

 

2,前走レース別

前走では新馬戦組が6勝、未勝利戦組3勝、クローバー賞組が1勝で、それ以外からの勝ち馬は出ていない。

 

3,前走距離

前走が今回と同距離だった馬が8勝と圧倒している。

次いで延長組2勝で、短縮組は0勝となっている。

 

4,前走の着差

過去10年で9頭が前走を勝っていた。

その9頭のうち、2着馬との前走着差が0.1~0.2秒と僅差の勝負を勝った馬が5勝と過半数を占めている。

次いで0.3~0.5差で勝った組が3勝。

大差勝ち組や0秒差勝ちからは、勝ち馬が現れにくいデータとなった。

 

5,枠番、馬番

枠では1枠と6枠から勝ち馬が出ておらず、一番多くの勝ち馬を出しているのが外枠の7枠の3勝で、次いで3枠と8枠が2勝を挙げている。

これを細かく馬番で見てみると①番と④番が連対馬を出していない死の馬番となっている。

今年の該当馬は①ダイヤモンドハンズと④番アースビートだ。

 

以上からキャリア1戦の新馬戦、距離1800mで勝利し、その着差が0.1~0.2の僅秒差で勝利していて、かつ死の馬番ではなかった⑤レッドソリッドのみが勝ち馬と炙り出された。

 

果たして、データから炙り出された⑤レッドソリッドが勝てるのか!?

発走は、9月3日の札幌競馬場11レース、15時25分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内