SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【シルクロードS】短距離路線で花火を打ち上げたファイングレインが勝った初重賞レースとは⁉

Text:あもあもだいち

スプリントGI・高松宮記念を占う上で重要な一戦。「シルクロードステークス」が中京競馬場で開催される。

例年は京都競馬場で行われており、そのため勝った馬が高松宮記念GIで好走する例は意外と少ない。(シルクロードステークスの勝ち馬がその年の高松宮記念を勝ったのは、近10年では2018年のファインニードルの1回のみ)

しかし、今年は京都競馬場の改修に伴い中京競馬場で行われる。ということは本番の高松宮記念と同じコース、同じ距離で開催されるため、その重要性が格段にアップしている。

出走馬の顔ぶれを見ても、昨年の高松宮記念勝ち馬⑮モズスーパーフレア、その高松宮記念で1着入線したが4着に降格した⑱クリノガウディー、NHKマイルGI勝ち馬⑫ラウダシオン、2017年の高松宮記念勝ち馬④セイウンコウセイなど、GI馬を筆頭に18頭のフルゲートで本番さながらの戦いが予定されている。

今年の上位馬が3月28日の高松宮記念では、どのような走りを披露するのか、気になるところではあるが、ここでシルクロードステークスを勝ち、後の高松宮記念も勝ってGI馬となった馬を紹介しよう。


2008年の勝ち馬「ファイングレイン」

2005年に2歳の新馬戦を勝利し、続くレースも勝って2連勝で臨んだ初重賞・きさらぎ賞で8着と惨敗。

続くスプリングSも9着と負けたため、クラシック路線を諦める。

マイル路線に変更して挑戦した前哨戦・ニュージーランドT(GⅢ)で2着に入り、本番のNHKマイル(GI)で2着と結果を残す。

しかし、その後に骨折が判明し長期休養を余儀なくされる。

1年後の2007年都大路Sで復帰するも6着。そこからその年は1勝も出来ない。

結果が出なかったマイル~中距離の路線を諦め、短距離路線へシフトした。その初戦だった2008年・淀短距離Sで久々の勝利を挙げる。

そこから快進撃が始まり、続く重賞のシルクロードS(GⅢ)を勝って初重賞制覇を成し遂げ、次走に迎えたGI高松宮記念でもレースレコードで勝利しGI馬の仲間入りを果たす。

ただ、これが同馬にとって最後の勝利となってしまう。その後は8歳まで現役を続けたが3着以内に入ったのが1回のみと結果を残すことが出来ず引退。

現在はアイルランドで種牡馬として繋養されている。


ファイングレインのように一瞬でも輝く馬は誕生するか!?

発走は1月31日 中京競馬場11レース 15時35分予定。