SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【スパーキングレディーカップ】JRA勢が12連勝中! 今年は地方勢の逆襲はあるのか? 有力メンバーを紹介!!

Text:あもあもだいち

前半戦のクライマックス帝王賞ではテーオーケインズの勝利で終わった。

ダート界もいよいよ後半戦へと突入していくなか、その最初を飾る交流重賞「スパーキングレディーカップ(JpnⅢ)」が、7月8日の川崎競馬場で開催される。

このスパーキングレディーカップは、牝馬限定のマイル戦で1998年からJRAとの交流重賞となった。

いままでに地方所属馬が勝ったのは、わずか3頭しかいないが、その中にカジノフォンテンの母・ジーナフォンテンがいて2002年に勝っている。

しかし、現在JRA勢が12連勝をしており、地方所属馬には厳しいレースとなっている。


今年もJRAから4頭が出走してきたので、少し紹介しよう。

③ウルトラマリリン/オープン実績は無く距離も1400mに実績があるため、1600mの今回は厳しい!? しかし戦略家の福永祐一騎手が騎乗してきたのが怖い。

⑤テオレーマ/前走のマリーンカップ(JpnⅢ)で初重賞制覇を飾り勢いに乗る優勝候補筆頭の1頭。

⑥フェアリーポルカ/芝重賞2勝の実績はあるが、前走のマリーンカップで初のダートを経験。4着と掲示板には入ったが血統背景からも、ダートは厳しいか!?

⑧リネンファッション/前走を勝ってオープン入り。今回が初の重賞挑戦となる。鞍上にスパーキングレディーカップ最多の4勝を挙げている武豊が騎乗、テオレーマの相手候補筆頭。


4頭ながら今回も怖いメンバーが揃ったJRAに対して、連敗を止めたい地方所属馬の有力馬を紹介しよう。

①サルサディオーネ/交流重賞2勝の実績があるベテラン牝馬。得意の逃げが決まり3勝目を挙げられるか?

④マルカンセンサー/交流重賞では2019年のTCK女王はで2着の実績があり、牝馬限定戦なら、今回も好走する可能性が高い1頭。

⑦グランデストラーダ/JRA時代は準オープン止まりも、地方移籍後に実績を積んで来た1頭、掲示板どころか3着以内の可能性も。


有力メンバーを紹介したが、⑤テオレーマの優位性は動かず、ここを勝って重賞2連勝とする可能性が大きい。

問題は2,3着争いだが、川崎では勝ちこそ無いが3着以内の好走が多い①サルサディオーネと、レジェンド騎手・武豊の手綱捌きが怖い⑧リネンファッションの2頭を推奨したい。


果たしてJRAの連勝となるのか!? 地方所属馬が連敗を止めるのか!?

発走は7月8日 川崎競馬場 11レース 20時10分予定。