SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【安田記念】⑤グランアレグリアが挑む、未だ1頭も達成していない偉業とは!?

Text:あもあもだいち

ついに東京競馬場でのGI5連戦も最後となる「安田記念」が6月6日に開催される。

今回の安田記念で、現在マイル女王として君臨している⑤グランアレグリアを止める馬が現れるか否かが、最大注目点となっている。

⑤グランアレグリアは昨年8頭目の春秋マイルGI連覇馬になり、今年はヴィクトリアM(GI)をすでに勝ち、2年連続の春秋マイルGI連覇を達成すべく、盤右の体制で出走してきた感がある。

しかし、中2週のローテで臨むヴィクトリアMからの安田記念連勝となると、2009年のウオッカのみしか達成していない、極めて過酷な記録だ。

さらにもう一つの記録が、勝つと安田記念の連覇達成となり、これもウオッカ(08,09)以来4頭目の快挙となるなど、いろいろな快挙が達成となる。

それに加えて、過去に春秋マイルGI連覇を2年連続達成した馬はおらず、この偉大な記録を達成するにも、絶対に落としたくないレースであるのは間違いないだろう。


そこで、過去に春秋マイルGI連覇を2年連続達成は出来ていないが、惜しくもあと1勝しておけば2年連続達成出来ていた馬が3頭存在している。そのうち最初の1頭を詳しく紹介しよう。

ニホンピロウイナー

1984年のグレード制導入をきっかけに、それまでハンデ戦であった安田記念がGIになるとともに、マイルCSが新設されて春秋のマイルGIが誕生した。

1982年にデビューし、短距離路線で活躍していたニホンピロウイナーも、春はGIとなった安田記念を目指していた。

しかし、2月にマイラーズC(GII)を走った後に骨折。春は療養を余儀なくされた。

秋に復帰後3連勝で新設のマイルCSを勝利。

翌年の1983年には安田記念とマイルCSを勝って、初の春秋GI連覇達成馬となり引退。なんとも今となっては1982年の骨折が悔やまれる。

その後は種牡馬となり、安田記念を連覇したヤマニンゼファーを送り出すなど、長きに渡って競馬界を支えた1頭である。


その他の2頭は、98年の春秋連覇達成馬のタイキシャトル(前年の安田記念は不出場、秋のマイルCSを勝っている)。

もう1頭が07年のダイワメジャー(前年に安田記念は負けるも秋のマイルCSを勝っている)となる。


⑤グランアレグリアにとって、過去に1頭も存在していない、2年連続の春秋マイルGI連覇を達成するためにも負けられない安田記念。

発走は、6月6日東京競馬場11レース15時40分予定。