SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【東京大賞典】オメガパフュームも達成している!! 過去に連覇を達成している名馬とは?

Text:あもあもだいち

オメガパフュームも達成している!! 東京大賞典で連覇達成した馬とは⁉

12月29日、大井競馬場で行われる「東京大賞典」。

国内唯一の地方競馬場で開催される「国際GⅠレース」。

現在JRA勢が14連勝中。

2連勝中の⑦オメガパフュームが出走してきて、今年も勝つとこのレース初の3連覇達成となる。

しかし、その3連覇を阻止すべくJRA勢からジャパンダートダービーを勝った⑤ダノンファラオを筆頭に他5頭。

地方からは、昨年このレース3着に入った③モジアナフレイバーや、2018年フェブラリーSを勝った古豪⑧ノンコノユメが出走を控えている。


ここでは出走前に、交流重賞となってから当レースを2連覇したオメガパヒューム以外の名馬をご紹介しよう。

2004年&05年の勝ち馬「アジュディミツオー」

「東京大賞典」初の連覇馬であり、地方所属馬で唯一の快挙を達成。

2歳時に船橋でデビューし、3歳時に東京ダービーを制覇する。

暮れの東京大賞典ではタイムパラドックスなどを破り、地方所属馬として3頭目の快挙を達成。

ハイライトは4歳後半から5歳時で、その間GⅠ級レース4勝を挙げる。


2010年&11年の勝ち馬「スマートファルコン」

3歳時に皐月賞で、最下位となる18着となった以降はダートに照準を絞った。

1400~2000mの交流重賞に出走し、勝利を積み重ねる。

5歳時、鞍上に武豊を迎えるようになると、コンビ初戦の日本テレビ盃では3着と負けるも、続くJBCクラシックで初GⅠ級を勝利。このコンビでGⅠ級6勝を挙げた。

同馬の脚質が逃げ、大逃げで、鞍上が武豊なことからも「砂のサイレンススズカ」と呼ばれている。


2013年&14年の勝ち馬「ホッコータルマエ」

3歳時はレパードS(GⅢ)を勝つなど、早くからダートで素質を開花したのだが、当時は多くのレースで2着、3着とあと一歩と勝ちきれないレースが多かった。

4歳時に交流重賞の「佐賀記念(GⅢ)」を勝つと、そこから4連勝で一気にGⅠ級レース「かしわ記念」も制覇する。

5歳時に念願のJRA主催のGⅠ「チャンピオンズカップ」を制覇。

以降、7歳まで走り、GⅠ級10勝を達成するなど、ダート界を代表する名馬であった。

現在は種牡馬として繋養されている。


果たして、オメガパフュームは史上初の3連覇という快挙を達成出来るのか⁉

発走は12月29日 大井競馬場 10レース 15時40分予定。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー