SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

愛甲猛が語る打者の利き目は投手側にある方が良いと思う2つの理由とは!?

Text:鈴木長月

意外と知られていないけど、実はみんな意識している!?プロ野球選手の利き目って?!

その成否にも実は多大な影響を及ぼす選手の〝利き目〟。OBが明かすプロ野球での実態とは!?

打者に有利な目はどっち?愛甲が考察する〝視覚論〟

ここからは、打つスペシャリストたる打者の視点からも、さらに深掘りしていこう。解説をお願いしたのは、一時代を築いたオリオンズ時代から、「利き目は意識していた」と語る〝球界の野良犬〟愛甲猛氏だ。「俺は生まれつき左利きだし、利き目も左。だから現役時代は、左目が無意識にボールを追うことで、身体より先に頭のほうが投手方向に抜けてしまう悪癖が悩みでね。どうにか右目を鍛えられないかと思って、左目をつぶって卓球の練習をしたり、実際いろいろ試したよ。右打者なら多少、肩が先に開いてもそのまま走りだせるから何とかなるけど、左の場合はそうもいかない。俺にとっての利き目は、プロで野球をやっていくうえでも避けては通れない命題のひとつでもあったわけ」

とはいえ、愛甲氏と同じ左が利き目の左打者でも、「最後までボールを見極められるから、左目のほうが逆に好都合」と語る選手もなかにはいる。日米であれだけの実績を残したゴジラ松井が同じく左を利き目としていたことを考えても、そこでの違いが成否を分ける決定的な要因になる、とまでは言いがたい。

「確かに、ボールを長く目で追えるっていう利点はある。星野(伸之)のスローカーブを、俺がまったく苦にしなかったのも、利き目が左だったおかげで、人より〝待てた〟からだしね。ただ、それでも利き目は投手側にあるほうがいいと、俺は思うよ。その理由は大きく2つで、1つは先にも触れたように、捕手側の目で追うと、否が応でも身体の開きが早くなること。そしてもう1つは、これはあくまで俺の実感でしかないけど、利き目のほうが情報の処理速度が確実に速いってことだよね」

出典:『がっつり! プロ野球(28)』

『がっつり!プロ野球(30)』12月13日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内