SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

初打席初安打を初本塁打でド派手に飾った!村上宗隆

Text:菅野徹

“清宮世代”の2018年は?

「松坂世代」「ハンカチ世代」と並び称せられる高卒ルーキーたち。“清宮世代”の高卒ルーキーたちの2018年を振り返る。

金石農の躍進、そして史上初となる大阪桐蔭2度目の春夏連覇で盛り上がった今年の夏の甲子園大会。その記憶もまだ新しいが、第99回大会もまた野球ファンに強烈なインパクトを残してくれた。2017年秋に行われたドラフト会議では、その主役たちのみならず、多くの高校生が指名された。今季、プロ野球選手としてキャリアをスタートさせた黄金世代の選手たちは、現在どのような状況にあるのか。ここでは、それを確認していくことにする。
(文中の「現在の成績」はすべて2018年9月2日時点のもの)。

村上宗隆は1年目からド派手にデビュー

村上宗隆:東京ヤクルトスワローズ

ドラフト会議で清宮を抽選で外した球団が次に集中したのが、3球団競合した村上宗隆(九州学院)。結局、ヤクルトが引き当て、入団となった。ファームでは春から破格の活躍を見せ、96試合に出場し、打率.289、17本塁打、70打点を記録。2018年9月6日に一軍登録されると6番サードで即「スタメン。その第1打席に岡田明丈(広島)から右越2ランホームランを叩き込んで、初打席初安打をド派手に飾った。

【初出】がっつり!プロ野球21号

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!