SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

若手の競争激化のロッテ内野手争いを西巻賢二は制すことができるか!?

Text:菅野徹

“清宮世代”の2018年は?

「松坂世代」「ハンカチ世代」と並び称せられる高卒ルーキーたち。“清宮世代”の高卒ルーキーたちの2018年を振り返る。

金石農の躍進、そして史上初となる大阪桐蔭2度目の春夏連覇で盛り上がった今年の夏の甲子園大会。その記憶もまだ新しいが、第99回大会もまた野球ファンに強烈なインパクトを残してくれた。2017年秋に行われたドラフト会議では、その主役たちのみならず、多くの高校生が指名された。今季、プロ野球選手としてキャリアをスタートさせた黄金世代の選手たちは、現在どのような状況にあるのか。ここでは、それを確認していくことにする。
(文中の「現在の成績」はすべて2018年9月2日時点のもの)。

1年目から伏兵が活躍!西巻賢二が守備で頭角を現す

西巻賢二:千葉ロッテマリーンズ

大豊作の「清宮世代」は、過去の黄金世代にも負けないと言われている。いよいよ残り人数が少なくなってきた「松坂世代」や、現在の野球界で中心的な役割を担う「ハンカチ世代」に匹敵する可能性があるのだ。その高卒1年目イヤーに、清宮の次に1軍出場が多かったのは誰か。答えは意外な選手だった。その名は西巻賢二。楽天が下位(6位)で指名した内野手だ。福島県会津若松市出身で、仙台育英に進んだ地元・東北っ子。身長167センチ、体重68キロの小兵ながら、俊足と粘り強い打撃、そしてなによりも堅い守備力を武器にしている。少年時代から注目され、高校時代もU18日本代表に選ばれていたのだから、指名順と身長の低さとは裏腹に、高いポテンシャルは実証済みだった。問題はその小さい体ゆえに、プロのパワーについていけないのではないかという一点にあったが、持ち前のガッツで克服してみせた。6月に守備固めとして昇格し、2試合に出場するも打席はなしで、すぐに抹消となった。しかし、8月上旬、藤田一也が故障で離脱したのをきっかけに再登録されると、8月8日に初スタメン。そのプロ第1打席で見事ヒット。それ以後、たびたびショートやセカンドでスタメン起用され、25試合で82打席、19安打(うち二塁打3本)と実績を積み重ねた。楽天の二遊間は、ベテラン、中堅、若手が激しい競争を繰り広げている。そのためレギュラー獲りは容易ぶではないが、他にない個性を武器にどこまで勝負できるか楽しみな存在だ。

【初出】がっつり!プロ野球21号

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!