SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

708日ぶりの1軍マウンドで史上55人目となる1500奪三振を達成した内海哲也!

708日ぶりに1軍マウンドに帰ってきた内海哲也

8月22日に京セラドーム大阪で行われたオリックスバファローズとの一戦で708日ぶりに1軍マウンドに帰ってきた内海哲也。

試合は、6回92球、3安打2HR4奪三振4失点と7回まで被安打3の好投だったが、ジョーンズに2打席連続となるホームランを浴びてしまい、敗戦投手となったものの、プロ野球史上55人目となる1500奪三振を達成した。

昨シーズンの開幕直前に左前腕に肉離れを発症し、一度も登板できずオフに手術し、今シーズンを迎えた内海哲也にとって、敗戦投手となったものの大きな一歩を踏み出した。

ジョーンズに2打席連続ホームランを打たれたものの、決して内容が悪かったわけではない。

内海哲也が勝利投手となる日は決して遠くないはずだ。

内海哲也の次回登板に期待したい。