SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ドラフト査定/評価:A+】大学No.1左腕の隅田知一郎を引き当てた!1年目から先発ローテで躍動できるか!?

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【ドラフト査定/評価:A+】ここで隅田はまさに僥倖!最下位の利を生かし躍動

1位では広島、巨人、ヤクルトとの4球団競合の末、大学ナンバーワン左腕の隅田知一郎(西日本工業大)を引き当てた…!隅田は最速150キロのストレートにスライダー、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球を持ち合わせる左腕。ストレートのキレ、変化球のレベル、コントロール、スタミナとすべて一流の域。地方の大学生に4球団が競合したことからもその資質が窺える。当然、1年目からローテに入るべき存在だ。

最下位の利を生かし、2位では佐藤隼輔(筑波大)をゲット。外れ1位候補にも挙がっていた逸材左腕。最速152キロのストレートとスライダー、チェンジアップのコンビネーションで三振を奪う。1位の隅田とともに先発型の即戦力左腕を2枚獲れたのは、投手陣にとって非常に大きいポジティブ材料だ。

3位・古賀悠斗(中央大)は高校時代にU‒18侍ジャパンにも選ばれた捕手。大学ではやや打撃面でスランプもあったが、高校通算54本塁打のパワーを持っており、今春はリーグ戦で打率・341、3本塁打をマーク。1学年先輩の五十幡亮汰(中央大)を刺せるほどの強肩やインサイドワークに定評がある。4位・羽田慎之介(八王子高)は191センチの大型左腕。5位・黒田将矢(八戸工大一高)は188センチの長身右腕で身体能力が高い。6位・中山誠吾(白鷗大)はパンチ力が売りの遊撃手だ。


【新戦力査定/評価:C+】ここで終わるな若林…!ドラ1・渡部はロマン◎

昨季のルーキーで最も輝いたのは、ドラ4・若林楽人だろう。開幕2戦目でスタメンに抜擢されるとコツコツとヒットを量産し、トップバッターに昇格。44試合で打率・278、2本塁打、出塁率・340と非凡な打撃センスを見せたばかりか、20盗塁を決めて見せた。しかし、5月末に左膝前十字靭帯を損傷。全治9ヶ月の大怪我を負ってしまった。「ポスト・秋山翔吾」が現れたと誰もが思ったはず。ここで終わってほしくない。

ドラ1・渡部健人は二軍で育てられ、90試合で打率・228、19本塁打。確実性に課題を残すが、イースタンリーグトップタイの本塁打を放ち、改めて持ち前のパワーを披露。一軍で初本塁打も放っている。また、ドラ6のブランドンは二軍戦66試合で打率・273、10本塁打、出塁率・360をマーク。一軍でも試合で打率・247、3本塁打を記録している。

その他、高卒ルーキーのドラ3・山村崇嘉は二軍32戦試合で6本塁打を放ち、パンチ力を見せた。トレードでは公文克彦と平沼翔太を獲得。公文は即戦力左腕として獲得したが、コンディション不良で14試合しか投げられず、新助っ人のダーモディは使い物にならなかった。


【パリーグ6位】埼玉西武ライオンズ

【2021シーズン成績】
55勝70敗18分
勝率 .440
得 点 521 ⑤
失 点 589 ⑥
本塁打 112 ④
盗 塁 84 ③
打 率 .239 ④
防御率 3.94 ⑥


38歳の中村剛也がチーム打点王はなかなか衝撃的。山川穂高はチーム2位の66打点を記録したものの、得点圏打率.172は絶望的だ。髙橋光成は11勝9敗、松本航も10勝8敗で二桁到達。今井達也も8勝8敗と粘り込んだ。源田壮亮は自身初の盗塁王。


出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内