SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

現役メジャーリーガー最小のスーパースター!ホセ・アルトゥーべ

Text:張ヶ谷勝利

球界のリトルスラッガー列伝

コイツら、小さな体でタダモノじゃない!

プロ野球界を代表するスラッガーは「見た目」からして常人離れしている選手がほとんど。しかし現在、日本人の平均身長程度ながら驚異の打棒を誇る「小さな大打者」が球界を席捲しつつある!

イチロー超えを目指す現役メジャー最小選手!

ホセ・アルトゥーべ/ヒューストン・アストロズ
●身長168cm

「リトルスラッガー」は海の向こう、メジャーでも躍動している。ヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーべは現役メジャー最小の身長168センチながら、昨季のリーグMVPを受賞したスーパースターだ。2011年にメジャーデビューを果たすと着実にキャリアを積み、2014年にはイチロー以来となる首位打者、盗塁王、最多安打を同時受賞。以降の4年間で首位打者3度、盗塁王2度、最多安打4度を誇っている。最多安打はすべて200安打超えで、イチローが持つ10年連続200安打のメジャー記録に最も近い男であった。記録上はなにかとイチローと比較されるアルトゥーベだが、そのプレースタイルは大きく異なる。打者としては「不利」とされる右打ちであり、なおかつポジションはセカンド。近年は小柄な体躯ながらパワーもつき始めており、2016-2017年は2年連続でシーズン24本塁打を記録している。今や「現役メジャーリーガー最小」の肩書きは不要。

【初出】がっつり!プロ野球20号

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!