SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

荻野貴司が今シーズン一番打率が良かったカウントとは!?

カウント1-2で打率.438の荻野貴司

今シーズン125試合に出場し、打率.312、打点46、10本塁打と結果を残し、プロ10年目で初の規定打席到達を達成した荻野貴司。

その他にも新人から10年連続二桁盗塁成功、プロ通算200盗塁達成、プロ野球人生初のシーズン二桁本塁打、オールスター初出場と記録づくしの一年となった。

そんな荻野貴司が今シーズン一番打率が良かったカウントは、2ボール1ストライクのカウントだ。

48打数21安打で二塁打8本を放ち、打率.438という結果を残した。

今シーズンの活躍を糧に来シーズンも規定打席に到達し、日本を代表するリードオフマンへと進化してもらいたいものだ。