SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ロッテが20年ドラフトで指名すべきは二遊間の後継者候補!近江・土田龍空

2020ドラフト千葉ロッテマリーンズは、
コイツを指名しろ!

安田尚憲、藤原恭大、佐々木朗希と、3年連続で高校生の「目玉選手」獲得に成功しているロッテ。近年のドラフト指名は関係者からも非常に評価が高く、それが今季の優勝争いへと良い形で循環している。果たして「成功ドラフト」の流れは今年も続くのか!?

バランスの取れた戦力現状の上積みを目指せ!

今季は開幕からソフトバンクと優勝争いを展開。井口資仁監督のもと、徐々に理想のチームが完成されつつある。ドラフトでは過去3年間で安田尚憲、藤原恭大、佐々木朗希という高校生の逸材を獲得。今季は安田を我慢して4番で起用し続けるなど、中長期的な視点でチーム作りを進めているのが分かる。これで藤原、佐々木が今後順当に成長したらと考えると、末恐ろしくすらある。

先発投手陣も「絶対的」な存在こそいないが、FA加入の美馬学や石川歩、小島和哉、岩下大輝らがしっかりとローテを守っている。種市篤暉のトミージョン手術は痛手だが、それも大打撃というわけではなさそうだ。となると、まず必要なのがリリーフ陣。ここ数年、益田直也にかかる負担があまりにも大きいのが気がかりだ。今季もクローザーとしてきっちりと仕事をこなしているが、今年で31歳という年齢を考えても、もう少し負担を分散させたい。上位指名では佐藤宏樹(慶応大)、藤井聖(JX︱ENEOS)、伊藤将司(JR東日本)といった左腕を最低でも1人は獲得したい。

また、藤岡裕大、中村奨吾の二遊間の後継者候補も狙い目だ。本来であれば平沢大河がその位置にいるべきだが、ここ数年の伸び悩みを考えるとそろそろ手を打っておいた方が良さそう。柔らかなグラブさばきに定評のある土田龍空(近江)であれば、プロでも十分遊撃手として使えるだろう。大卒、社会人の即戦力を進言しないのは、藤岡&中村がまだ数年はやれそうなことと、平沢の可能性も捨てきれないから。高卒遊撃手の獲得が平沢の刺激になり、覚醒を後押しするような結果になっても将来的には二塁・平沢&遊撃・土田といった青写真が描ける。

土田龍空【内野手】/近江

179cm77kg 右投左打 遊撃手 
50m6秒0

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!