SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1974年のロッテオリオンズが黄金時代ということを象徴する金田留広率いるリーグ最強の投手陣とアルトマン率いる破壊力抜群の打線

Text:安東渉

あの頃はマジで最強だったなぁ……というファンの心を揺さぶれ!あの球団の黄金時代

●1974年のロッテオリオンズ
長いプロ野球の歴史の中で、どの球団にもある“黄金時代”。今回は現・千葉ロッテマリーンズの前身である、ロッテオリオンズが最も輝いた、1974年をフラッシュバックする。

1974年成績:130試合
69勝50敗11分(前期2位/後期1位/PO優勝)
打率.265 本塁打114 防御率3.18
監督:金田正一
日本シリーズ結果(対中日):4勝2敗(日本一)

リーグ最強の投手陣と破壊力のある打線がウリ

1974年のロッテオリオンズは、とにかく投打に多くのタレントを揃えていた。まず、特出すべきは投手陣。現役時代、国鉄スワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)や読売ジャイアンツで活躍した大投手であった金田監督が指揮することもあり、先発投手のその殆どがタイトルホルダーという盤石の投手陣を誇っていたのが特徴でもある。

この年、16勝をあげ最多勝を獲得することとなる金田監督の実の弟・金田留広は前々季1972年最多勝投手。チーム内ではその次に多い13勝をあげた木樽正明も、その前年の最多勝投手だった。その他にも、成田文男は前年の最多勝、最多奪三振を獲得しており、八木沢荘六は前年最高勝率を記録している。さらに、そこにあの「マサカリ投法」で有名な豪腕の村田兆治も加わっているとなれば、それは近年のプロ野球でも類を見ない最強の投手陣と言えるのが分かるだろう。また、投手陣の中には、技巧派の水谷則博、その年の新人王を獲得する三井雅晴らが控えており、名だたる先発陣を含め、任されれば誰でも先発、中継ぎ、抑えをきっちりと仕こなすだけの実力があった。


そして、その最強の投手陣を支えていたのが破壊力のある打線だ。チームの4番を任されていたのは、197センチという高身長で、1968年の来日元年には、打点王とベストナインに輝くなど、日本球界で安定した成績を残していた元メジャーリーガーのジョージ・リー・アルトマン。カブス、メッツ、カージナルスなど、名だたる名門で活躍し、この年で来日年目の歳というベテラン選手であったアルトマンだが、来日から7年連続20本塁打を放った大砲であり、この年には6試合連続本塁打というパ・リーグタイ記録も樹立。シーズン途中に大腸癌による離脱を余儀なくされるも、まさに獅子奮迅の活躍でリーグ優勝に大きく貢献した。

アルトマンの他にも、3番打者に「ミスターロッテ」と呼ばれた名三塁手の有藤通世、5番打者に1970年ロッテ“ミサイル打線”の一角を担った山崎裕之、6番に元メジャー、ドジャースから加入したジェームス・ケネス・ラフィーバーというメンツを揃え、3番打者から6番打者までが2桁本塁打を放つという強力な打線を誇り、阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、太平洋クラブライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)という宿敵チームの投手たちから得点を量産したのだ。

出典:『がっつり! プロ野球(28)』

『がっつり!プロ野球(30)』12月13日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内