SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ野球史上唯一の3000本安打達成の張本勲の年俸は今ならいくら!?

球界のレジェンド今なら年俸はいくら?

今や1億円プレーヤーなど当たり前になった日本球界。もしも、昭和を代表するレジェンド選手たちが現在の日本球界でプレーしたら、いくら稼ぐのか!?妄想企画、スタート!

育成枠から三冠王に上りつめたレジェンド捕手

首位打者7度を誇る「安打製造機」:張本勲
【妄想生涯年俸】
99億5500万円
(年平均4億3283万円)

日曜の朝に、なにかと「喝だ!」と叫び、ネットニュースを騒がせる「張さん」こと張本勲。現役時代はNPB記録の通算3085安打、史上唯一の通算500本塁打&300盗塁を記録。記録。そんな球界が誇る安打製造機の「妄想年俸」、ご本人に「喝だ!」と怒られないよう、しっかりと考察してみよう。張本勲は1959年、浪華商(現大体大浪商)から東映(現日本ハム)に入団。当時はドラフト制度がまだなく、入団交渉は中日と東映の争いだったという。今でいう「2球団競合」の逸材だが、実は高校時代の張本勲は「いわくつき」の球児でもあった。というのも、高校3年の夏、同校は甲子園出場を決めたが、張本勲を含む数人が暴力事件を起こし、休部処分を受ける。部の甲子園出場は認められたが、張本勲の甲子園出場はかなわなかった(本人はこの一件を「完全な濡れ衣だった」とのちに語っている)。ということで、1年目の年俸は上限の1500万円ではなく、1000万円に設定させていただく。ルーキーイヤーの張本勲は125試合に出場し、打率.275、2本塁打、守打点で新人王を獲得。高卒1年目にして早くも才能の片鱗を見せつける。2年目の妄想年俸は4倍の4000万円に。翌年は打率3割を記録するも、打席数の減少を考慮して2000万円アップの6000万円が妥当なところだろう。

迎えた3年目、張本勲の才能は完全に開花。.336で自身初の首位打者を獲得し、本塁打も24本と長打力もアピール。こうなると、年俸は当然倍増、1億2000万円に設定する。現在の球界では、年俸が1億円を超えたあたりから上げ幅がグッと 上がる傾向が強い。翌年からは四球も選べる「今風」の成績で、年俸は数千万~1億円単位でアップを続けるはずだ。ただし、ここでひとつ問題が生じる。張本の所属球団は当時の東映、つまり、現在の日本ハムに該当する。本誌「安想企画」では「現 在」の球団をベースに年俸を算出するが、日本ハムはチームとして年俸総額を設定しているといわれ、ある程度の金額まで選手の年俸が高騰すると、上げ幅がやや落ちる傾向にある。2016年オフ、打点王を獲得した中田翔が3500万円増の2億8000万円で更改した際、年俸1億円から一気に3億円にアップした筒香嘉智を指して「DeNAさん、頑張ってますね」と、暗に球団を揶揄するような発言をしたことも記憶に新しい。もちろん、張本勲の残した数字は中田翔のそれをはるかに凌駕する。とはいえ、3億円を超えたあたりから、年俸の上昇曲線はやや停滞すると見たほうが無難だろう。

となると当然、その注目は張本勲の「FA権取得」に注がれる。現在でいえば張本勲は1966年に国内FA、1967年に海外FA権を取得する。特に1967年は自身2度目の首位打者(.336)を獲得。28本塁打の長打力、18盗塁の走力も兼ね備えた万能選手の地位を確固たるものとした。FA移籍するには最適のタイミングといえる。野手の評価が下がっているとはいえ、この成績であればメジャーも交えての争奪戦になることが想像できるが、賢明な読者ならお気づきの通り、張本勲の「メジャー嫌い」は周知の事実。ここは国内移籍が妥当だが、資金力的に張本争奪のマネーゲームに参戦できるのは巨人、ソフトバンク、阪神くらい。ソフトバンクは外野レギュラーは固定され、阪神も若返りの真っ最中であることを考えると、移籍先は巨人が最有力。そこで算出される契約総額はズバリ、5年総額30億円。本企画の中では比較的「お安い」全額に思えるかもしれないが、張本勲は打率こそ3割を大きく超えるとはいえ、王や野村のように本塁打を40~50発放つような「規格外」の成績を残しているわけではない。ただ、コンスタントに好成績を残せること、長打力と走力も併せ持つことを考えると、やはり年平均6億円の価値は十分にあるという判断だ。

しかし移籍後(あくまでも本誌内の妄想)、張本勲は5年間で首位打者を4度獲得。こうなると、当然ながらその後の契約はさらに跳ね上がる。過去にはイチローくらいしか達成していない領域の記録なだけに、2度目のFAでは3年総額24億円程度の契約は十分に考えられる。1975年には数字を大きく落としてしまい、年俸も半額以下に落ちるが、史実ではその翌年、巨人に移籍して見事復活。妄想年俸もV字回復で再び6億円台の大台に乗せるはずだ。現役最後の2年間はさすがに大幅減俸も免れないが、それでも妄想生涯年俸は99億5500万円に。総額100億に届かず、ご本人に「喝だ!」といわれるかもしれないが、もしもプロ入りが巨人だったら、この妄想年俸もさらに跳ね上がっていただろう。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!