SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3度の三冠王に輝く史上最高の右打者、落合博満の年俸は今ならいくら!?

球界のレジェンド今なら年俸はいくら?

今や1億円プレーヤーなど当たり前になった日本球界。もしも、昭和を代表するレジェンド選手たちが現在の日本球界でプレーしたら、いくら稼ぐのか!?妄想企画、スタート!

ロッテ時代は不遇!?今なら年俸8億円!?

三度の三冠王に輝く史上最高の右打者:落合博満
【妄想生涯年俸】
82億3000万円
(年平均4億1150万円)

今や1億円プレイヤーの存在がすっかり珍しくなくなったプロ野球界。選手の年俸は年々、上昇傾向にあるが、日本で初めてこの「1億円」の大台を突破し、球界に年俸革命を起こしたのが落合博満だ。史上最多、三度の三冠王を獲得するなど、天才的な打撃で昭和~平成を代表する打者として君臨したオレ流・落合博満――。彼がもし、平成~令和のプロ野球界でプレーしていたら、その年俸はどれほどだったのか“妄想”してみよう。

落合博満は1978年ドラフト3位で東芝府中からロッテに入団。当時の年俸は360万円だったが、現在のプロ野球で「社会人卒のドラフト3位」であれば年俸1000万円程度が平均値になる。なので落合の妄想年俸は1000万円からスタートさせたい。落合博満のプチブレイクはプロ2年目。主に後半戦のみ、57試合の出場ながら15本塁打を放つ活躍を見せ、能力の片りんを見せつけた。とはいえ、現在のプロ野球でも出場試合数が少ないとなかなか年俸には反映されない。ここは「期待料」込みで1000万→3000万円への3倍増程度が妥当だろう。

落合博満:年度別成績&妄想年俸

そして迎えたプロ3年目。この年を機に、落合博満は一気にスターダムへと上り詰める。同年は自身初の首位打者を獲得し、33本塁打を記録。現在であればこの年のオフには大台の1億円を突破するのはほぼ間違いないだろう。さらに翌1982年にはプロ4年目にして三冠王に輝く。この「三冠王」については「打率、本塁打、打点ともに数字が物足りない」といった声も上がったというが、改めて見るとOPSは1を超え、リーグ最多安打も記録。この数字でケチが付いたのだとすれば気の毒としか言いようがない。

自身初の三冠王を獲得した翌年も首位打者を獲得、その翌年も3割、30本塁打を記録した落合だが、当時はこの活躍が年俸に反映されなかった。1983~1985年までの落合の実年俸は以下の通りだ。
1983年=5400万円
1984年=5940万円
1985年=5940万円
 首位打者を獲得しても微増、3割30本塁打を記録しても現状維持……。もちろん、当時のロッテの球団事情もあるだろうが、今だったらSNSを中心に大炎上間違いなしの「謎査定」だ。それこそ、ダルビッシュ有あたりがTwitterで黙ってはいないだろう。現在であれば、年俸は一気に3億円を突破しても安すぎるくらい。後に落合が人並み以上に「年俸」にこだわりを見せたのは、この経験も大きかったのかもしれない。

そして1985年、落合はそんな不満を爆発させるかのように、文字通り“破格”の成績を残す。打率・367、本塁打52、打点146と、今度は誰がどう見ても文句なしの数字で二度目の三冠王を獲得。さらに翌年も2年連続の三冠王と、この時点で「球界最高の打者」の名を我がものとした。こうなると問題はその年俸だ。史実では2年連続で三冠王を獲得したこの年のオフ、“世紀のトレード”で中日に移籍するとともに、プロ野球史上初の1億円プレイヤーとなるのだが、現在に置き換えれば当然ながら年俸1億円では“激安”すぎる。2020年のプロ野球最高年俸は菅野智之の6億5000万円、野手では柳田悠岐の5億7000万円だが、落合博満の数字は彼らを遥かに凌駕する。加えてこの時点でプロ8年目を終了。

1~2年目は一軍に定着したわけではないのでFA権取得はもう少し先だが、史実通り中日に移籍を果たしたとすれば、FA流出を防ぐために超大型の複数年契約が必要になる。そこで算出した数字が、年俸8億円の5年契約だ。本来であればもう少し長期の契約も考えられるが、落合は中日移籍時点ですでに33歳であり、「5年」が現実的な数字だろう。40歳を境にさすがの落合も数字は落としたが、それでも巨人では4番として活躍。結果的に45歳まで現役を続けたが、ここまで算出した妄想生涯年俸は82億超え!“史上最高の右打者”の異名は、やはり伊達ではない!

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!