SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

育成出身から初の日本シリーズMVPを獲得した甲斐拓也!

Text:落合初春

超強肩の一芸で育成指名!ドラ1に勝った育成ドラ6!

甲斐拓也:2010年育成ドラフト6位指名

「甲斐キャノン」で昨季の日本シリーズMVPを受賞した甲斐拓也も育成出身。それも2010年の育成ドラフト6位というギリギリ組だ。高校時代は本塁打を放っていたが、金属打ち。当時168センチの身長も見栄えしなかった。それでも指名されたのは、二塁送球1.7秒の超強肩があったから。しかし、同年に3軍制がスタートしていなかったら、指名されていたかどうかは怪しい。

しかし、甲斐は努力の鬼だった。 毎日ノートを記し、反省と改善を続けた。3年目に支配下登録されると、同学年でドラ1だった山下斐紹(現・楽天)を抜き去って、2017年に大ブレイクを果たした。

千賀滉大とは同じ釜の飯を食った仲。今季は育成ドラフト出身初の2ケタ本塁打も記録している。外国人選手は別として、意外にも主力にまで成長した野手は少ない。まだまだ狙える“育成初”がありそうだ。

写真:あもあもだいち