SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

体格買いが功を奏し、最速143から161キロに化けた国吉佑樹!

Text:落合初春

体格買いが功を奏した典型!最速143キロが大成長!

国吉佑樹:2009年育成ドラフト1位指名

今季、自己最速の161キロを記録した国吉佑樹。だが、高校3年時は最速143キロに過ぎない未完の投手だった。

そんな国吉が育成指名された一番の理由は体格だ。194センチ86キロの“ガタイ”はロマンの塊だった。入団1年目には右肩痛を発症したが、怪我の功名で下半身を強化する機会を得た。

ダイヤモンドの原石はみるみるうちに成長。2011年には早くも球速は151キロに到達し、7月に支配下登録を掴んだ。

この頃には体重は15キロ増で3ケタになっていた。身長も2センチ増の196センチに。恵まれた体格がさらに恵まれ、爆発力を得たのだ。その後も筋力面での上積みがあったからこそ、160キロ投手に成長できたのだ。

振り返れば高校時代の国吉は「長い枝」みたいなものだった。葉や実を想像した青田買いが功を奏した典型例だろう。

写真:あもあもだいち

 

『がっつり!プロ野球24号』10月3日発売!!

≪19年ドラフトを大特集!!≫
■ライターイチ推し!!
12球団、この選手を獲れ!!
■佐々木朗希に行くのはどの球団?
■奥川恭伸はこんな選手になる!!
■この育成ドラフトが凄い!!
■大学・社会人経由の成功ドラフト選手

≪スペシャルインタビュー≫
糸原健斗(阪神)大学、社会人で学んだもの
中川皓太(巨人)新守護神への道
谷繁元信 12球団キャッチャーを斬る!!
高橋慶彦 「連続安打記録」の裏側

≪特注ラインナップ≫
■ポストシーズン展望
日本シリーズへ行くのは?
■東京五輪&プレミア12はこうなる!
■ストーブリーグ予想。
FA,トレードはどうなる?
■来季ブレイク候補はこの選手!!
■助っ人外国人列伝
■野球居酒屋放浪記~阪神タイガース編~
■アメリカ極悪刑務所の野球って?
■巻末カラー特集!! 村上宗隆が凄いぞ!!
■成功or失敗? トレードの勝ち組負け組
その他、注目トピック満載!!

【書誌情報】
「がっつり!プロ野球24号」
ドラフト、12球団はこの選手を獲れ!! 各球団が獲得するべきイチオシ選手を、本誌自慢のライター陣がピックアップ!! 指名順位まで指定して、ドラ1から下位指名までをお勧めする。 毎年、的中選手が出るなど、各スカウト陣も実は読んでる? 「がつプロ」自慢の特集だ。 注目の佐々木朗希、奥川恭伸特集や、過去の大学・社会人経由のスター特集。 さらに育成ドラフトの成功例や来季ブレイク候補の特集も。 もちろん今季ポストシーズンの展望も「がっつり!」詰まった満足度抜群の一冊!!