SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

引退試合で歴代1位となる59打席連続無安打を記録!岡田幸文

Text:福嶌弘

2018年プロ野球PICKUP記録

さまざまな記録が生まれた2018年のプロ野球。偉大なスラッガーと並んだ大記録や不名誉すぎるワースト記録まで、選手たちが残した軌跡に注目して、2018年度のプロ野球を振り返ろう!!

自身の引退試合で達成も猛打賞で有終の美を飾る!

●岡田幸文(千葉ロッテマリーンズ)
【2018年度に達成された記録】
59打席連続無安打:歴代1位

2017年から極度の打撃不振に陥り、シーズン史上最多となる33打席無安打を記録した岡田幸文。その記録は2018年シーズンも伸び続け、10月8日の引退試合では新記録となる59打席連続を達成。記録録更新となる打球を獲った高田知季も少々バツが悪そうだった。ただし、その後は持ち直して猛打賞を達成し、有終の美を飾った。
(記録は2018年度末時点でのものです)

【初出】がっつり!プロ野球22号(2018年11月発売)

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!