SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

40発指令下した中村紀洋と二人三脚!来季にも大ブレイクが予感される石川昂弥

Text:花田雪

本誌独断選出がつプロ的トッププロスペクトRANKING

新陳代謝の激しいプロ野球という世界には、現時点で「1軍出場機会」をそこまで確保できていないが、将来的にスーパースターになりうる逸材が山ほどいる。ここでは、そんな「未来の日本球界の顔」たちを大公開!

“トッププロスペクト”という言葉をご存じだろうか。メジャーでは比較的一般的に使われており、意訳すると“若手の超有望株”を意味する。本誌では独断と愛を交えつつ、独自に日本プロ野球界のトッププロスペクトランキングを選出。近い将来、日本球界を代表する選手に成長するであろう逸材たちを紹介したい。

まず断っておきたいのが、今回ランキング対象とした選手は、基本的には2軍を主戦場とする選手としている。そのため、プロ1~2年目の若手でも藤原恭大(ロッテ)、根尾昂(中日)、奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)、宮城大弥(オリックス)、佐藤輝明(阪神)、伊藤大海(日本ハム)、栗林良吏(広島)、早川隆久(楽天)、牧秀悟(DeNA)といった、すでに1軍に定着している選手は選外とさせていただいた。もちろん、ここから紹介する選手の中にもすでに1軍でプレーしている選手がいるが、そこは「独断と愛」での選出なのでご容赦頂きたい。

【RANKING6】石川昂弥/中日ドラゴンズ

来季にも大ブレイクを予感されるのが石川昂弥(中日ドラゴンズ)。1年目から1軍デビューを飾り、完成度の高い打撃をウリにする。

石川は木製バットへの対応が同期の中でもずば抜けて早く、長打力も抜群。地元・愛知出身で子供のころから中日ファンと、相思相愛で入団したチームの「スター候補生」だが、今季6月に死球で骨折。復帰はおそらく来期にずれ込みそうだが焦らずケガを完治させてほしい。


“トッププロスペクト”とは?

MLBで“若手の超有望株”の意味で用いられ、公式サイトでは「プロスペクトランキング」も発表されている。当企画ではMLBに倣い、本誌が独断と偏愛を交えてNPBの「トッププロスペクト」選手をランキング形式で紹介する。該当選手は基本的に今季までファームを主戦場とした者に限定するが、一部では1軍出場機会を掴んでいる選手もランキング入りしている(ご容赦ください!)。

出典:『がっつり! プロ野球(29)』