SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

通算200セーブ達成でまさかの乱調からの復活希望!山﨑康晃【プロ野球2021達成期待の記録はコレ!】

Text:西尾典文

プロ野球2021達成期待の記録はコレ!

コロナに負けず、大記録樹立を祈願して!

今年も多くの大記録達成が期待されるプロ野球。その中でも編集部がピックアップした7つの記録について、達成を祈願する意味も込めて紹介したいと思う。

100セーブは日本人最速!大不振からの復活なるか

山﨑康晃/横浜DeNAベイスターズ
『まさかの乱調から復活希望!通算200セーブ!』

プロ入り1年目から抑えに定着し、4年目には日本人最速となる通算100セーブを達成。一昨年のプレミア12では侍ジャパンの優勝にも大きく貢献したが、昨年は開幕から不振に陥り、シーズン途中からは中継ぎに配置転換される苦しいシーズンとなった。

以前は魔球とも言われたツーシームの変化が早くなり、空振りを奪えなくなったことが痛い。更に体重増加でフォームの躍動感がなくなり、ストレートの勢いも落ちている印象を受ける。

通算200セーブまではあと31と本来の山﨑康晃であれば十分射程圏内の数字だが、今年は三嶋一輝とのクローザー争いを勝ち抜く必要があり、キャンプ、オープン戦でも結果を求められることになる。ピンチでも表情を変えない気持ちの強さと経では上回っており、年齢的にもまだまだ老け込むには早いだけに、キャンプ序盤から本来の投球を見せてくれることを期待したい。

『がっつり!プロ野球28号』1月29日発売!!