SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

万全なら間違いなく打者を圧倒できる!日本のエースへ復活期待の菅野智之

Text:落合初春

プロ野球2022復活期待の選手たち

盛者必衰――。野球のみならず、すべての物事に訪れる「終わり」のとき。しかし、「それはまだ早い!」と言いたくなる選手たちに情熱エール!

4度の登録抹消が響き、日本のエースから陥落!

菅野智之/読売ジャイアンツ
『万全なら間違いなく打者を圧倒できる!』

【2021DATA】19試合 6勝7敗 奪三振102 防御率3.19

巨人のエースどころか押しも押されもせぬ「日本のエース」だった菅野だが、昨季は足の違和感、右ヒジの違和感、コンディション不良などで4度の登録抹消。東京五輪出場の辞退も余儀なくされた。本来であれば、長期調整が必要な状況だったのかもしれないが、投げるのがエースの仕事。19登板で2完投、6勝7敗、防御率3・19の成績でまとめている。

もはや「どこが課題」というレベルの投手ではないが、14勝2敗で最多勝を獲得した一昨季と比べ、被本塁打が倍増し、勝負所の接戦で投げ負けた試合も多かった。ただ、1イニングあたりの平均許走者数を示すWHIPは0・99で昨季、最優秀防御率を獲得した柳裕也(中日)の1・01よりも低い。無理を押さず体調万全ならば、負け越しなどあり得ない。日本のエース復活の日はそう遠くないはずだ。

出典:『がっつり! プロ野球(31)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内