SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

坂本裕哉の活躍で球界史上初となる『先発左腕カルテット』完成なるか!?

Text:徳吉刑事

2020年の新人王は誰の手に!?

新元号“令和初の新人王”は、08年以来11年振り3度目となる両リーグ2年目以降の選手が獲得。果たして今季は「新人王」のタイトル通り、ルーキー勢の逆襲なるか!?

セのダークホースはラミレス期待の左腕!

セのダークホースには、DeNAベイスターズドラ2の最速148キロ左腕・坂本裕哉(立命館大学)を挙げたい。大学2年時に、奇しくもプロでもチームメイトとなった一昨季の新人王・東克樹と寮で相部屋に。そこで伝授されたチェンジアップが武器となった。また3年オフにはフォーム修正やウエートに取り組むだけでなく、日に3回以上プロテイン摂取。すると体重は7キロ増量の85キロと、肉体改造に成功した。晴れて自身初の主戦として迎えた4年春には、全8試合に先発。5勝1敗の内、2連 続完封含む計4完投勝利&リーグトップとなる防御率0.84の活躍により初のMVP、最優秀投手、ベストナインの3冠に輝いた。誕生すれば、球界史上初となる〝先発左腕カルテット〟の一員として、ルーキーながらラミレス監督に名指しされた、まさに期待の有望株だ。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!