SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

開幕ローテ入りを狙う櫻井周斗は新人王争いに割って入れるか!?

Text:徳吉刑事

2020年の新人王は誰の手に!?

新元号“令和初の新人王”は、08年以来11年振り3度目となる両リーグ2年目以降の選手が獲得。果たして今季は「新人王」のタイトル通り、ルーキー勢の逆襲なるか!?

新人王争いに名乗りを挙げる長距離砲キラー!

高卒3年目の櫻井周斗は、日大三時代に、あの清宮幸太郎から5連続三振を奪って一躍名を馳せた最速150キロ左腕。さらに3年春のセンバツでは初戦敗退ながら、安田尚憲から3連続三振を奪うなど、〝長距離砲キラー〟振りを見せつけた。プロ2年目の昨季は、6月7日の交流戦・西武戦にて初登板。先頭・山川穂高を、いきなり空振り三振に斬って取るなど三者凡退に仕留め、デビュー戦でも〝キラー〟振りを発揮。また通算14試合に登板し、16回2/3ながら17三振と、イニング以上の奪三振数を誇る。ルーキー坂本裕哉同様、球界史上初となる〝先発左腕カルテットの一員として、ラミレス監督に指名された櫻井周斗は、清宮幸太郎や安田尚憲をキリキリ舞いさせた伝家の宝刀・スライダーを武器に、〝勝負の3年目〟でのブレイクを期す。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!