SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

セ対抗2番手は最速152kmの快速球とスライダーが武器の本格派右腕!徳山壮麿

Text:徳吉刑事

新人王は誰の手に?プロ野球2022

異例の6球団が一本釣りに成功した昨ドラフト。“都立の星”のスラッガーを筆頭に、17年センバツV腕、一芸に秀でた“スピードスター”など「清宮改メ村上世代」が粒ぞろい!

セ対抗2番手は最速152キロの快速球とスライダーが武器の本格派右腕!徳山壮麿

同“対抗2番手”には、DeNAのドラ2・徳山壮麿(早大)を挙げたい。最速152キロの快速球とスライダーが武器の本格派右腕だ。大阪桐蔭3年春のセンバツ大会では、エースとして藤浪晋太郎(現阪神)以来の同校2度目の優勝に貢献。早大では、コロナ禍により変則開催された3年春に「0・00」をマークし、最優秀防御率のタイトル獲得。

高校時の最速は147キロだったが、さらに5キロアップ。自慢の速球に磨きをかけた。ところがドラフトイヤーの大事な年に、よもやの絶不調。評価を下げるかと思われたが、その実績とポテンシャルを買われて、上位指名と相なった。

出典:『がっつり! プロ野球(31)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内