SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

セ新人王ダークホースには燕の韋駄天!丸山和郁

Text:徳吉刑事

新人王は誰の手に?プロ野球2022

異例の6球団が一本釣りに成功した昨ドラフト。“都立の星”のスラッガーを筆頭に、17年センバツV腕、一芸に秀でた“スピードスター”など「清宮改メ村上世代」が粒ぞろい!

ダークホースには燕の韋駄天!丸山和郁

セリーグの新人王候補の穴には、ヤクルトのドラ2・丸山和郁(明大)を推したい。身長174センチ。50メートル走5秒8。近本光司(阪神)、小深田大翔(楽天)、中野拓夢(阪神)などの活躍により、近年評価が高まっている「小柄な俊足野手」だ。前橋育英3年夏の甲子園では、史上3人目となる大会タイ記録の8盗塁。明大では2年時に打率・313、2盗塁の活躍で大学選手権優勝。また4年春には自己最多6盗塁。

課題の打撃でもリーグ5位の打率・386をマークし、ベストナインに初選出された。昨秋のドラフト会見場では「本人も監督もビックリ!」の上位指名だったにも関わらず、終始浮かれる様子なく落ち着き払ったメンタル面も、まさにプロ向き。目標と語る青木宣親ですらなし得なかったルーキーイヤーでの新人王へ。慣れ親しんだ神宮で、縦横無尽の“スピードスター”として輝く!

出典:『がっつり! プロ野球(31)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内