SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打者タイプが一番近いプロ野球界屈指のスラッガーへと成長した村上宗隆に佐々木麟太郎がなれる可能性とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:花田雪

佐々木麟太郎は令和の怪物たりえるか?

2年生ながら、注目度はナンバーワンと言っていいかもしれない。花巻東のスラッガー・佐々木麟太郎が止まらない。史上最速ペースで本塁打を量産する逸材を、過去の“レジェンド球児”たちと徹底比較!果たして、佐々木麟太郎はどこまでいく!?

花巻東に現れた怪物スラッガー・佐々木麟太郎――。『がっつり!甲子園2022』本誌巻頭カラーでも特集しているが、高校2年生ながら今夏のナンバーワン注目選手と言っていいかもしれない。

183センチ、117キロという“見た目”からして怪物感たっぷりの佐々木だが、夏を前にして連日、「高校通算○本塁打で○○超え」といった報道がされている。

8/1時点での本数は74本で、この時点で城島健司(元ダイエーほか)、平田良介(中日)超えを達成。80本の大台も見えてきた。とはいえ、まだ甲子園での実績は今春センバツの1試合のみ。高校生活を1年半残している佐々木が今後、どんな成長曲線を描いていくのか。過去の“レジェンド球児”と比較しながら、彼の凄みを紹介していきたい。

プロ野球界屈指のスラッガーへと成長した村上宗隆

最後に比較したいのが、九州学院の村上宗隆(ヤクルト)。打者としてのタイプは、実は佐々木と一番近いかもしれない。軸に体重を残して「フライ」になりやすいスイング軌道。加えて、日本人離れしたパワーは、すでにプロ野球界屈指のスラッガーへと成長した村上の姿と重なる。

ただ、高校時代の比較で言えば、そのスケール感は佐々木のほうが上回るだろう。村上も1年から4番を打つなどその才能を早くから評価されていたが、当時はまだまだパワーが追いついておらず、高校時代は「フライを打て」と指導されていたという。

結果的にプロ入り後、その才能を開花させて現在の地位へと上り詰めたが、高校時代は同期の清宮よりも評価は低かった。

過去のスラッガーと比較しても、やはり佐々木のそれは“規格外”。日本人というよりは、2006年にメジャーで本塁打王を獲得したプリンス・フィルダー(元タイガースほか)や、昨季、大谷翔平(エンゼルス)と本塁打王を争ったブラディミール・ゲレーロ・ジュニア(ブルージェイズ)といったメジャーリーガーのほうがイメージが近い。

もちろん、佐々木はまだ高校2年生。今のような“やわらかさ”を今後も維持できるかや、注目を集めることで生まれるプレッシャーや周囲の雑音などを乗り越える必要もある。それでも、過去に類を見ないタイプの“新世代スラッガー”がどんな未来を描くのか――。高校野球ファンの楽しみは、まだまだ続きそうだ。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内