SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨季26本塁打、22盗塁、打率.274。ライオンズ新1番に適任なのは?

投手陣では左腕ノリンに期待

 昨年は規定投球回到達者ゼロの西武投手陣。そのなかで12 勝を挙げたニール、10勝の髙橋光成が先発の軸となる。

 三番手以降は7勝の今井達也、松本航、6勝の本田圭佑が上積みに期待でき、通算51勝の十亀剣、新加入左腕のノリンも控える。が、実績十分の投手が少ないのは不安材料だ。

 救援陣は抑えの増田達至が中心。中継ぎの右は平井克典、平良海馬、森脇亮介がいて、新人の宮川も候補。左も小川龍也、野田昇吾、武隈祥太と駒がそろう。

 昨季81試合登板の平井は疲労の影響が懸念されるが、新加入右腕のギャレットも控えている。

 捕手陣は森友哉が主力ながら盗塁阻止率2割8分台で捕逸12個はリーグ最低、依然リード面も課題を残す。

 控えの岡田雅利も左膝手術明けだけに、ディフェンスに長けた若手を抜擢したいところだ。

新1番に適任なのは外崎修汰

 西武は昨季もチーム打率、得点、盗塁が12球団トップ。本塁打は同3位だったが、得点は唯一の700点台だった。その強力打線から秋山翔吾が抜け、今年は新1番を誰にするかが最大の課題となる。

 その点、足なら金子侑司になるが、秋山のように打力と出塁能力を兼ね備えた選手となると、外崎修汰が適任。

 昨季は打率2割7分4厘で26本塁打を放ち、出塁率・353で22盗塁を記録した。この外崎を1番に置き、金子は9番に置くとつながりは維持される。

 2番以降は源田壮亮、森友哉、山川穂高、中村剛也、栗山巧、木村文紀と7番まで決まり。そして8番を若手育成の打順とするなら、成長著しい愛斗を起用したい。

 守りは92失策で2年連続リーグ最低。外崎、源田の二遊間は安定しているが、中村が三塁で13失策 だった。秋山が抜けた外野は中堅に金子が入って安定する。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率
ーー次回【福岡ソフトバンクホークス:チームバランス編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。