SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

"努力"でメジャーリーグまで上り詰めた!秋山翔吾

Text:花田雪

スーパースターの少年時代

あの怪物選手の子どものころの逸話を大公開!

野球に詳しくないような人でも名前くらいは知っている……。そんな“超有名”プロ野球選手の少年時代のエピソード!

2020年5月、宝島社から『あのプロ野球選手の少年時代』という本を出版した。「名は体を表す」というが、その内容はタイトルそのままだ。侍ジャパンやメジャーリーグでも活躍する「超一流」のプロ野球選手たちは小学生、中学生だった頃、どんな子どもで、どんな野球選手だったのか……。本人や当時の指導者に話を聞くと、想像とはちょっとだけ違った姿が浮き彫りになった。

自分に厳しく、努力で夢を掴んだ秋山翔吾

秋山翔吾(メッツ)

今季からメジャーリーグのシンシナティ・レッズでプレーする秋山翔吾もまた、少年時代は菅野と同じ神奈川県でプレーしていた。と言っても、菅野の地元は相模原市、秋山の地元は横須賀市で、1学年差のふたりに当時の接点はない。秋山少年は小学1年生で地元のソフトボールチーム・大津スネークスに入団。ソフトボールを続けながら、6年生の1年間だけ軟式野球チームの湘南武山フェニックスと「掛け持ち」を経験している。今もチームの監督を務める田村仁さんは、秋山少年のことをこう振り返ってくれた。

「6年生で入団してきて、その時点で実力は抜けている印象でした。今と同じ、走攻守揃ったタイプ。ソフトボールではキャッチャーをやっていたので肩も強い。投手をやらせても様になっていたはずです。ただ、チームはすでにバッテリーが固まっていて、新入団の翔吾をいきなりエースや正捕手にするのもな……という思いから、『1番センター』で起用したんです」1番センターと言えば、プロ入り後も秋山翔吾の指定席。以降、秋山少年はプロ入りまで一貫してセンターを主戦場とすることになる。

小学校卒業後、秋山少年は強豪として知られる横浜金沢リトルシニアに入団。本人はその理由を「とにかく厳しいところでやりたかった。練習を見に行って、正直な話、いまでは許されないような厳しい練習をしているのをまのあたりにして、そこに惚れ込んで入団を決めました」と語ってくれた。当時から「プロ野球選手になる」という明確な目標を掲げていた秋山少年は、「厳しい環境」を求めて強豪チームへ。中学の3年間は「楽しい思い出はほとんどない」と言う。「駅からグラウンドに行くまで、上り坂があるんですけど、とにかく憂鬱で……。なんていうか、『魔王の城』に向かうような、そんな気持ちでした(笑)」

「自分に厳しく」を貫き通し、メジャーリーグまで上り詰めた秋山翔吾を、小学校、中学校の指導者は揃って「努力の人」と表現する。「実力はもちろん、野球に対する姿勢がほかのことは明らかに違いました。当時からある種『覚悟』をもって野球をやっていたのかなと思います。だからこそ、プロでもあれだけの結果を残して、目標だったメジャーにも辿り着けたのかなと」

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!