SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人とソフトバンクで取り合いか!?来シーズン山田哲人がプレーする球団とは!?

Text:橋本雅生

 野手として国内FA戦線最大の目玉になりそうなのが山田哲人だ。前人未踏となる3度のトリプルスリーを達成し、盗塁の連続成功を38回に伸ばして日本記録を樹立するなど、走攻守で高いパフォーマンスを誇るNPBナンバーワン二塁手。今季はコンディション不良で登録抹消を経験し、例年のような結果を残せずにいるが、昨季結んだ契約は単年のため、FA宣言に支障はない。山田哲人クラスの選手となれば、全球団が欲しいのは当然のはず。だが、今季推定年俸5億円の山田を獲得できるのは資金力のある数球団に絞られる。

その中でも本命は二塁手の固定が長年の課題とされていた巨人。山田哲人は子どもの頃に巨人ファンだったことを公言し、坂本勇人との親交も深い。過去には広沢克実、アレックス・ラミレス、セス・グライシンガーなどの主力選手が移籍して活躍した前例があり、同じセ・リーグで本拠地が東京と環境を変える必要がないのも山田哲人にとって大きな魅力のはず。ただ、巨人の二塁手は完全に固定できていないが、ケガから復帰した吉川尚輝が攻守で活躍する存在感を見せ、若林晃弘や北村拓己も着実な成長を見せている。次世代を担うヤングジャイアンツたちの育成に余念がない原辰徳監督がそのあたりをどう判断するか。

巨人よりも二塁手の固定が急務になっているのがソフトバンクだ。昨季はベテランの明石健志や川島慶三をはじめ、9選手が日替わりのように二塁を守った。今季は俊足の周東佑京、堅実な守備の牧原大成、川島がポジションを争っているが、いずれも長打力はもとより2割半ば以下の打率では心許ない。長らくチームの打線を支えてきた松田宣浩や内川聖一らは力の衰えが顕著であり、同じヤクルトから移籍したバレンティンも長期的な活躍は期待できない。走攻守が揃って油が乗っている山田哲人は大きな魅力だろう。山田哲人が国内で移籍するとしたらこの二択+資金力豊富な楽天あたりになりそうだが果たして……。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!