SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

FA取得で大注目の千賀滉大だが23年のメジャー挑戦が濃厚か!?【ストーブリーグNEWS2021】

Text:橋本雅生

オフのFA戦線はどうなる?ストーブリーグNEWS2021

秋口から冬にかけてストーブの必要な季節に取り交わされる噂話が語源とされる「ストーブリーグ」。ペナントが終盤にさしかかるこの時期になると、来シーズンの戦力補強に向けたストーブリーグの動きが活発になり、さまざまな臆測や噂が飛び交う。本稿を執筆している時点でFA権を行使する選手は明らかになっていないが、ここでは行使した仮定で予想していきたい。

FA取得で大注目の千賀だが23年のメジャー挑戦が濃厚!?

FA権を行使すれば、今年のストーブリーグで最注目となるのがソフトバンクの千賀滉大だ。パ・リーグの絶対王者であるソフトバンクの大エース、いやNPBを代表する現役最高峰の右腕である。

今シーズンは調整が遅れて開幕1軍を逃し、初登板時に左足首の靱帯を損傷したためペナント前半は実戦機会が少なかった。

それでもケガから復帰後の東京五輪では、代名詞の「お化けフォーク」などの変化球で他国の打者を翻弄。2試合登板の無失点で金メダル獲得に貢献している。

今季のソフトバンクはAクラスとBクラスを行ったり来たりと足踏み状態が続いているが、千賀は少ない登板のなかで何度も連敗ストッパーになって気を吐き、存在感の大きさを知らしめた。

そんな千賀は来年に国内FA権を取得するが、本人が見据えているのは2023年に取得する海外FA権を行使してのメジャーリーグ挑戦だ。かねてよりメジャー挑戦を公言してきた千賀は、契約更改で毎年のように直訴しており、今季も単年契約を結んでいる。

ソフトバンクは原則としてポスティングを認めていないが、同じくポスティング否認だった巨人が解禁した。これで認めない球団はソフトバンクだけとなっており、ポスティングを完全拒否するのは難しい状況だろう。

もっとも千賀と球団はすでに来季以降の動向について合意が取れているとも言われている。球団側は常勝軍団の立役者として貢献してきた千賀の希望を後押しすると見られ、来季は残留して2023年のメジャー移籍が基本線か。だが、国内FA権を行使した場合は、大争奪戦になること間違いない。


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!