SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

当時では史上初となる1年目でセーブ王を獲得!エディ・ギャラード

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/ドラゴンズ編

埋もれた外国人選手の発掘に定評がある中日ドラゴンズ。竜ファンが愛して止まない歴代助っ人をプレイバック!

抑えにこだわりをもったことから1シーズン2球団でセーブの記録を達成!

エディ・ギャラード
中日通算成4年:(2000〜2003途中)
660試合 4勝6敗112S 防御率2.52

引退した宣銅烈の後を埋めるべく2000年に入団したエディ・ギャラード。宣の存在感が大きかっただけに、どこまで働けるか不安視されていたギャラードだったが、伸びがあって重いストレートを武器にして躍動する。1年目から35セーブを挙げ、2001,2002年は同等のセーブ数に加えて防御率も良化する安定感ある抑えとして活躍した。しかし、2003年の練習中に負傷したことから中継ぎ登板を告げられると断固として拒否し、首脳陣と対立。シーズン中のウェイバー公示で横浜に移籍した珍しい助っ人である。横浜でも力強い投球を披露したギャラードだったが、佐々木主浩が日本球界に復帰したことや自身の怪我の影響もあって2004年に退団。アメリカに戻り、ロッキーズなどでマイナー契約を結ぶもメジャーでの登板はなく、2006年に現役を引退した。

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!