SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

体をしならせながら豪快にスタンドイン!クレイグ・ブラゼル

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/タイガース編

今回の助っ人外国人列伝は、虎ファンの救世主となった阪神の大特集。球史に残る実力派揃いの助っ人たちの活躍を振り返る!

本塁打量産でバース再来と思いきや統一球導入後は成績が急降下!

クレイグ・ブラゼル
阪神通算成4年:(2009〜2012)
443試合 打率.280 91本塁打 278打点

主砲として期待されたケビン・メンチが打撃不振のため、代役として2009年のシーズン途中で入団したクレイグ・ブラゼル。前年に西武で27本塁打と実績のあったブラゼルは阪神が水に合ったようで、パワーを活かした打撃で結果を残してファンを喜ばせた。翌年は開幕直後からアッパースイングの豪快なアーチを連発。三振も多かったが、打率.296、47本塁打、117打点は主砲として十分すぎる成績だろう。しかし、2011年に導入された統一球が影響して本塁打が激減。以降は復調の兆しがなく、本塁打が少ない主砲に居場所はなくなった。なお、息子「koshien」と名付けるほどの親日家であり、阪神退団後はSNSで日本球界復帰を猛アピール。それが実ってロッテに入団したが、豪快なアーチは鳴りを潜めた。

開幕が待ちきれないプロ野球ファンに今一番読んで欲しい漫画

【ファンのプロ野球への熱い思いでコロナを吹き飛ばせ! みんなでリツイートして完全読破しようキャンペーン】実施中!!

CPツイートのリツイートをお願いします!
〈CPツイートはこちら〉

CPリツイートの総リツイートが、
500リツイートで第2巻公開!
1000リツイートで第3巻公開!!

『神様がくれた背番号』を読破したその時…
あなたのプロ野球熱がさらに燃え上がる!!

CPツイートのリツイートをお願いします!
〈CPツイートはこちら〉

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!