SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

日本では3年間で通算11勝も下柳剛の助言でメジャーで開花!ライアン・ボーグルソン

Text:雪之丞華之介

助っ人外国人列伝/メジャー出戻り大活躍編

日本で学んで、メジャーで覚醒!?

今回の助っ人外国人列伝は、メジャーとは異なる独自の「日本野球」を経験した後、メジャーに戻ってさらに飛躍する選手が増えている。ここでは、そんな「出戻り大活躍選手」を紹介。

日本での経験を生かして、アメリカで見事に開花!

ライアン・ボーグルソン
NPB通算成3年:(2007〜2009)
NPB通算 (3年)62試合 11勝14敗 防御率4.17 MLB通算 (9年) 200試合 41勝44敗 防御率4.52

2007~2008年は阪神、2009年にオリックスに移籍したボーグルソン。日本では3年間で通算11勝しかできなかった。しかし、日本で得たものはとても大きかった。来日当初は捕手を信頼できずにサインに首を振り、四球を連発していた。それを見かねたチームメイトの下柳剛が「もっと捕手を信頼しろ」と助言。以降、ボーグルソンは下柳を兄と慕い、公私にわたって深く付き合うようになる。そして、アメリカ帰国後の2011年には13勝、翌2012年は14勝とジャイアンツの大黒柱として大活躍。特に2012年のワールドシリーズでは第3戦に先発して勝利投手に。試合後のインタビューで「日本のみなさん、親友のシモヤナギさんありがとう!」と叫んだ姿は感動的だった。

【初出】がっつり!プロ野球7号

 

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!