SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

入団から4年連続20本塁打を記録したスラッガー!マット・ウインタース

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/ファイターズ編

低迷期〜黄金期を支え続けた優良助っ人たちが勢ぞろい!

好評を博している同企画で今回取り上げるは、ファイターズ! 個性的で実力派揃いの優良助っ人たちを振り返ろう。

陽気で明るいキャラクターが人気で珍プレー好プレー番組の常連助っ人!

マット・ウインタース
ファイターズ通算5年:(1990-1994)
637試合 打率.267 160本塁打 428打点

1990年代に「踊るホームラン王」の愛称でファンに親しまれたマット・ウインタース。日本では持ち前の長打力を発揮し、巨体をフル回転させるバッティングで本塁打を量産。入団から4年連続20本塁打を記録するなど、低迷していたチームの主砲として大きな活躍を見せている。当時、パ・リーグはホームランバッターが多く、実はタイトルに縁がなかったウインタース。それでも他球団の助っ人外国人のコスプレ、雨天中断時はブルーシートの上でヘッドスライディングをするなどのファンサービスで記録よりも記憶に残る助っ人外国人だった。日本を去ると現役を引退し、マイナーリーグのコーチ、スカウトを経て、ファイターズの駐米スカウトを務めた。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!