SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ベイスターズを1年で解雇もメジャー屈指のセットアッパーに変貌!ラファエル・ベタンコート

Text:橋本雅生

助っ人外国人列伝/ベネズエラ編

がっつり!プロ野球29号の助っ人外国人列伝は、南米編のベネズエラを大特集!ベネズエラから日本にやってきた助っ人外国人の歴史は意外に古い。NPBで一時代を築いた大物たちを振り返る。

日本では散々で即解雇もメジャー出戻りで大化け

ラファエル・ベタンコート
NPB通算1年:(2000)
11試合 1勝2敗 防御率4.08

最近では元巨人のマイルズ・マイコラスなど、メジャー出戻りで大化けする助っ人も少ない。だが、ラファエル・ベタンコートのように、アメリカ→日本で実績がほぼないまま大成したパターンは珍しい。もともと遊撃手だったベタンコートは、1997年に投手に転向して2000年に横浜ベイスターズに入団。

前年にマリナーズに移籍した佐々木主浩の代役として期待されたが、リリーフで目立った働きをすることができず、先発でもスタミナ不足を露呈し、1年で解雇に。

そして、誰もが存在を忘れていた2003年にインディアンスで中継ぎとして頭角を現すと、2007年にはリーグトップタイの31ホールドでメジャー屈指の中継ぎ投手になったのだ。アメリカでは12年間で37勝38敗149ホールド75セーブの好成績を残し、2015年に現役を引退している。

出典:『がっつり! プロ野球(28)』

『がっつり!プロ野球(29)』9月29日発売!