SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨季、奪三振率奪9.35。新エース目指すスワローズ高卒5年目の左腕とは?

昨季19試合で先発の高橋奎二

 ヤクルトの先発陣は昨季チームで唯一、規定投球回に達した小川泰弘が軸。二番手以降はベテラン左腕の石川雅規、復調を目指す原樹理、高梨裕稔がいて、高橋奎二、山田大樹の両左腕も候補。

 若い高橋は成長を見込めるが、絶対的な投手がいない。昨季メジャーで36試合に登板した新加入右腕・イノーアにかかる期待は大きい。

 救援陣は抑えのマクガフが中心。中継ぎは梅野雄吾、石山泰稚、五十嵐亮太、近藤一樹と好投手が 並び、先発に比べ整備しやすい状況だ。

 ほかに新加入右腕のクックがいて、平井諒、大下佑馬、左の坂本光士郎も候補に挙がる。

 捕手陣は中村悠平がレギュラーだが、楽天で実績十分の嶋基宏が加入した。昨季の嶋は腰の故障などで出番が減り、肩にも不安があるもの、リード面には定評がある。投手陣再建のため、嶋と中村を併用することが得策だ。

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。