SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

4番は村上!「野球太郎」お薦めのヤクルト先発オーダーとは?

1番は太田を抜擢

バレンティンの退団を契機に、世代交代を推進̶̶。これを今季の打線のテーマとするなら、キーマンは若手の村上、太田、廣岡となる。まず、1番には成長の期待を込めて太田を抜擢したい。昨季は59 試合にスタメン1番で出場して台頭。2番にベテランの青木宣親を置くことで負担を軽減できる。

中軸は思い切って4番に村上を据え、前後に山田哲人、雄平を置いて重圧を取り除く。さらに、昨季10本塁の廣岡は自由に打てる6番が適任。そして、7番は負傷離脱から復帰した西浦直亨、8番は中村悠平がお薦めだ。

守りは昨季97失策で守備率がリーグワースト。三塁で26失策、遊撃で24失策と、流動的な三遊間が 壊滅状態だった。新助っ人のエスコバーは遊撃の名手だけに、打撃が順応すれば固定したい。外野は 左翼に村上が入ると穴。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。