SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

投球センスに守備・脚力も。打力だけではない中日・石川昂弥の魅力とは?

Text:尾関雄一朗

左肩腱板(けんばん)炎からの回復中の中日・石川昂弥。高3時のセンバツでは投手も務めた。その高い身体能力とは?

石川昂弥①(別タブで開きます)

■石川昂弥④:投手もこなした高い能力

センバツでは背番号1をつけ、エースとしても優勝の原動力になった。5試合をほぼ一人で投げ抜 き、計5失点でまとめた。2年秋、投手力が不安視された新チームで、指揮官が白羽の矢を立てた。
「石川は中学でピッチャーもやっていたし、肩も強いので。2年の春頃にもピッチャーとして試した けど、その時はだめだった。余分なことに神経を使わせて、野手としてのプレーを狂わせたくなかっ たし。」
「2年秋には、ピッチャーもできるぐらいになっていた。石川がピッチャーじゃなければ、センバツ優勝どころか県大会で負けていたかもしれない」

ただ、その投球スタイルは、強肩や体格のイメージとは裏腹に、130キロ台のストレートで丹念 にコースを突いて打たせて取るもの。力を入れれば140キロ台も出るが、色気を出さず制球を重視 した。
状態により上手投げとスリークオーターを使い分けた。本人は「最初はスリークオーターの方が投げやすかった。サードからの送球は横からだし、送球のコントロールには自信があるので。」
「投げているうちにだんだんピッチャーらしくなって、上からも投げられるようになってきた。2年秋の東海大会開幕後にピッチングがよくなって、自信をもって試合に臨めるようになった」と振り返る。

センバツでの活躍は〝二刀流″と騒がれたが、投手としての将来は大会期間中から自身が否定して いる。「ピッチャーと〝して抑えるのは楽しい」としながらも、「自分は野手だと思っている」ときっぱり。己の適性を冷静に自覚していた。
「なんで打たれないんだろう、とも思っていた」と冗談気味に話す。

守備や走塁の能力も高い。大型の割に動きがよく、プロでも三塁を任せられそうな点で評価が上が った。「中学まではショートを守っていたので、捕るのも投げるのも苦手ではない」と言う。投手と して臨んだセンバツ決勝では初回、送りバントの処理で二塁へ送球し、見事に補殺。併殺でピンチ の芽を摘み取った。
「バントしてくると思ったらど真ん中に軽く投げて、予めマウンドから駆け下りて捕球し、刺す」と簡単に言うが、それが実際にできるからすごい。
脚力は50メートル6秒2。「足は速くはないけど、塁に出たら盗塁しているし、アウトになった記憶 もほぼない」と話す。


次回、「石川昂弥:⑤ 今“彼”を打つことが出来るか?」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

取材・文:尾関雄一朗
1984年生まれ、岐阜県出身。
新聞記者を経て、現在は東海圏のアマチュア野球を中心に取材。
多くの「隠し玉選手」を発掘している。中日新聞ウェブサイト『中日新聞プラス』でも連載中。 アマ野球関連のラジオ出演なども多数。

『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。