SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

「全部の球が速かった」石川昂弥が舌を巻いた剛速球投手とは!?

Text:尾関雄一朗

将来、中日の看板を張る内野手として期待される石川昂弥。同年代の一流投手とは、いかに相対していたのか。

石川昂弥①(別タブで開きます)

■「石川昂弥:⑤ 今ならあの投手も打てる?」

強豪校の注目選手ともなれば、公式戦や練習試合、代表チームなどで同世代のトップ級選手との対戦、交流が生まれる。石川昂弥もその機会は多かった。
高校3年春の侍ジャパンU-18代表候補の研修合宿では、佐々木朗希(大船渡)の163キロの超速球を一塁手として目撃した。「あの球だけではなく、全部の球が速かった」と舌を巻く。

プロで同じチームになった1学年上の根尾昂とは、高校2年の6月に招待試合で対戦した。投手・根尾と対峙し「球が違った。低めのワンバウンドかと思ったストレートが伸びてきた。しっかり投げ分けられ、変化球も消える球筋だった」と当時は 脱帽していた。

しかし今振り返ってみると「あの時はすごいなと感じたが、今ならそうでもないかも。自分もまだ2年生だったので」とも。
代わって高倉明健(岐阜第一)、遠藤慎也(京都翔英)らを対戦したなかでの好投手に挙げてくれた。

次回、「石川昂弥:⑥大物の雰囲気たっぷり」へ続く
(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

取材・文:尾関雄一朗
1984年生まれ、岐阜県出身。
新聞記者を経て、現在は東海圏のアマチュア野球を中心に取材。
多くの「隠し玉選手」を発掘している。中日新聞ウェブサイト『中日新聞プラス』でも連載中。 アマ野球関連のラジオ出演なども多数。

『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。