SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

歴代最高はシーズン18本!三塁打が多い選手はこの選手たちだ!【プロ野球シーズン記録】

プロ野球の記録を見ている中で、「あまり有名ではない記録」は沢山ある。「二塁打」や「三振」、「暴投」などもその一つだ。

そんな記録の中で、今回取り上げるのは「三塁打」。打球が外野を転がっていく中で、俊足の選手だと簡単に三塁打となったり、あるいはランニング本塁打を放ったりすることは時々あるが、なかなか毎試合見られるものではないのだ。

そこで本稿では、今季から数年間をさかのぼり、シーズンで三塁打を最も多く放った選手を「最多三塁打」として紹介していく。

中日の岡林、オリの中川が今季最多

昨シーズン、セリーグでは中日の高卒三年目、岡林勇希が10三塁打、パリーグではオリックスの中川圭太が9三塁打でトップに。昨季はヤクルトの塩見泰隆が7三塁打、パリーグは7三塁打でオリックスの宗佑磨と西武の源田壮亮が並んでいる。

20年はセリーグが7三塁打で中日の京田陽太、パリーグは西武のスパンジェンバーグが8三塁打で最多三塁打を記録。19年はセリーグ・阪神の近本光司が7三塁打、パリーグではロッテの荻野貴司が同じく7三塁打を挙げた。

シーズンの最多三塁打記録は阪神の金田正泰が1951年に記録した18三塁打。最近だと18年にソフトバンクの上林誠知が14三塁打で4位タイの記録をマークしたが、来季、これ以上の記録を打ち立てる選手は出てくるのだろうか。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内