SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

複数回は史上初の快挙!オリックス・バファローズ山本由伸が投手5冠を2年連続で達成!【プロ野球シーズン記録】

昨季のプロ野球シーズンで、史上初の記録を打ち立てたのがオリックス・山本由伸だ。15勝で最多勝を獲得し、最優秀防御率(1.68)、最多奪三振(205)、最高勝率(.750)、最多完封(2)。投手5冠を複数回達成するのはプロ野球で史上初の記録となる。

山本由伸のこれまでの歩み

山本は宮崎県・都城高校から2016年のドラフト4位でオリックスへ入団。1年目に初勝利を飾ると、2年目には中継ぎを中心として登板し32ホールドを挙げた。

転機は3年目となった2019年。山本は先発に転向することとなる。この年、山本は20試合に登板し、8勝6敗、防御率1.95で最優秀防御率のタイトルを受賞。タイトルを獲得するのは初めてとなった。

山本は翌年にも8勝をマークし、三振数は前年の127から149と増加。最多奪三振のタイトルを手にした。

さらに覚醒した2021年

山本は2021年に覚醒。見違える程の投手となってマウンドに君臨した。この年、26試合に登板して18勝5敗と最多勝を獲得し、奪三振も206を記録。防御率は1.39と驚異の数字をたたき出して投手5冠を達成。最優秀防御率、最高勝率、ゴールデングラブ賞、ベストナイン、沢村賞など、主要な投手タイトルを総なめにした。

そして冒頭に触れたように、山本は今年も投手5冠に輝いた。今シーズン、山本は25歳となり、数年後のメジャー移籍も現実的になってくる。若武者のこれからの活躍に注目だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内