SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

両リーグトップに並ぶ7本目の三塁打を放った近本光司!

新人王に一歩近づく記録を打ち立てた近本光司

昨夜の巨人戦でロッテ荻野貴司に並ぶ今季7本目となる三塁打を放った近本光司。

1992年に久慈照嘉が記録した8本という球団新人記録まであと1本とした。

安打数もこれで133本と1998年に坪井智哉が記録した球団新人記録歴代2位となる135本までもあと少しの所まで到達した。

球団新人記録を塗り替え続ける近本光司には150安打と言わず、200安打を目指して残りの試合に臨んで欲しいところだ。